TOP > 科学・学問 > 深海タコ、深いほどイボ多く小型化、驚きの発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

深海タコ、深いほどイボ多く小型化、驚きの発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

イボイボ肌とすべすべ肌という見た目が大きく違うホクヨウイボダコは本当に同じ種かを調べたところ、生息場所が深いほどイボが増え、さらに「深海巨大症」の逆の例であることも明らかになった。...

ツイッターのコメント(12)

海洋系の生体に拘りたい方、必見なのじゃ

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
このタコはあんまりかわいくないな  #深海
「「深海巨大症」と逆の例、太平洋の深海に生息するホクヨウイボダコ」| | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
深海で小さくなるのでゲソか 不思議でゲソね
深海タコ、深いほどイボ多く小型化、驚きの発見「深海巨大症」と逆の例

太平洋の深い海の底にいる、漫画のような大きな目をした薄紫色のホクヨウイボダコ(Graneledone pacifica)には、肌がイボイボのものとすべすべのものがいる。
深いほどイボイボ
また、タコ🐙のお話し。
不思議な生態、気になる生物。
「深海巨大症」と逆の例、太平洋の深海に生息するホクヨウイボダコ ナショジオ
「深海巨大症」と逆の例、太平洋の深海に生息するホクヨウイボダコ
麗:枝毛が…
久:(笑)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR