殺虫剤で渡り鳥が「遅延」、激減と関連か、北米 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

現実的な量のネオニコチノイド系殺虫剤を摂取したミヤマシトドは、体重が急激に減り、その後の渡りが遅れるという研究結果が発表された。野生の鳥が受ける殺虫剤の被害を、実際の生態系の規模で追跡した初の研究だ。

ツイッターのコメント(28)

住友化学はよく確認しておくべきだろう。反論したいなら、鳥類学者にエビデンスのある論文を書かせるように。できなければ、賠償金を裁判所に供託した上で廃業すべき。
個人的検索タグ
ミヤマシトド
サスカチュワン大学
マーガレット・エング
ラドバウド大学
キャスパー・ホールマン
殺虫剤で渡り鳥が「遅延」、初の研究、激減と関連か (ナショナル ジオグラフィック日本版)
あれれ、1960年代からの野鳥の減少は野猫の影響ではなかったの?
悪者が世代交代した感じでしょうか。
じゃ以前の悪者の名誉回復はどうするの?
#化学物質過敏症 #農薬 #祈り #安全 #環境 #愛 #平和
─ こういうのあるから農薬使いたくないんだよな。人体に無害でも無関係な動植物への影響が未知数。
人は八百万を滅ぼすつもりなのか
殺虫剤で渡り鳥が「遅延」、初の研究、激減と関連か (ナショナル ジオグラフィック日本版)
ネオニコチノイドの野生の鳥への影響を示した初の研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
 
PR