千葉台風関連の記事一覧

TOP > 科学・学問 > イヌは品種によって脳の構造も違う、お役目と関連 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

イヌは品種によって脳の構造も違う、お役目と関連 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

イヌの脳の構造は、彼らがどんな役割のために品種改良されたかによって異なることが33品種の研究からわかった。品種改良で「脳の進化が急激に進んだ」と研究者は言う。...

Twitterのコメント(31)

ヒトももう少しすれば品種別で。
最近のイヌたちって昔と違ってニンゲンっぽい感じがするけどなぜなんだろうとずっと思っていた。謎が解けました。
これからイヌを飼おうと考えている人たちに、自分の家にふさわしい品種を選ぶうえで参考にしてもらえるだろう
いっぬ🐶面白いって思ったけど、猿の惑星🐵⚔️はSFじゃないなと😱
新たな研究によると、どのような品種改良が加えられたかに応じて、イヌの脳の構造が異なることが明らかになった
この論文は9月2日付け
学術誌「Journal of Neuroscience」発表
皆、同じだったら、変よ😁💦
飼育のポイントや得手不得手を飼い主がより理解できる様になると素晴らしいですよねー❗️
人間の脳で考えられたことが
イヌの脳の形を変えたってのが
多分超スゲーこと‼️
へええええええええ!

犬( アイヌ語でセタ )と名乗っているものとしてはびっくり。
"ブルドッグはもともと雄牛と戦わせるために開発された後、家庭のペットにふさわしいよう改良された品種だ。そのため、「競技用の戦闘」と「明確な友愛意識」の両方の行動特性グループに分類される。"
詳しくは書いてないけど面白い
"人間が行ってきた選択的交配…どのような品種改良が加えられたかに応じて、イヌの脳の構造が異なる…「…わたしたちの脳が地球上の他の動物の脳に変化を及ぼしている…」"
"2万年にわたる共生により、イヌは人間の感情を、おそらくはほかのどの動物よりも正確に解釈できる能力を獲得した。" わんわん! / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
品種改良で「脳の進化が急激に進んだ」と研究者
←ハスキーの天然ぶりはどんな「お役目」に役立ってんだろ?
偽の動物か…
#ナショジオ

イヌは私にとってはなくてはならない存在なのです。
最新の犬の研究は凄まじい。

犬が偽の動物と研究対象にもならなかった。
色々わかってくると、人の影響を受け過ぎてて切ないくらい。
圧倒的に犬派。 
そして雑種犬が大好き。
またいつか一緒に暮らしたいなぁ😊
「2万年にわたる共生により、イヌは人間の感情を、おそらくはほかのどの動物よりも正確に解釈できる能力を獲得した」
進化っていうか改良の結果やんと思った。それはそうと品種で性格も違う根拠がちゃんとあるのは相棒選びに有効だなって
「人間が自分たちを取り巻く世界をどのように変えてきたのかを実感します。わたしたちの脳が地球上の他の動物の脳に変化を及ぼしているということには、重大な意味があります」
面白い
犬は品種で脳の構造自体が違うそう。実は人と暮らすのに馬も気性が最適化されたんですよね。どちらも種族として尊いと感じた話。
外見だけでなく脳まてめも短期間(それこそ数百年程度のスパン)でここまで多様化するどうぶつやっぱおかしい。
ヒトが「犬種」を作りあげる中で、短期間にイヌの脳の構造が変化したというお話。
イヌイヌイヌイヌイヌイヌイヌイヌイヌ
「わたしたちの脳が地球上の他の動物の脳に変化を及ぼしているということには、重大な意味があります」
>イエイヌは科学者から「偽の動物」とさげすまれ、科学的な研究をする価値がないと言われた時期もあった。
ひでぇ
引用>「科学の分野で、複雑な統計などを一切取らずに、何か重要なことが起こっているとわかるのは、本当にすごいことなのです」
以上

記事本文: イヌは品種によって脳の構造も違う、お役目と関連 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事