千葉台風関連の記事一覧

TOP > 科学・学問 > 海鳥のプラスチック誤食、少量でも健康被害、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

海鳥のプラスチック誤食、少量でも健康被害、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

プラスチック片を200個食べた海鳥のヒナはきっと死んでしまうだろう。では4~5片だとどうなるのか? 研究者が調査した。...

Twitterのコメント(13)

現在、人間への健康被害は確認されていませんが、プラごみ問題が解決に向かう見通しがなく、人間に影響が出てくるのも時間の問題。

残り時間はあまり多くないと感じます。
ある種の海鳥にとってプラスティックはいい匂いがするから食べてしまうという。。読むと可哀想でつらい。。◆
「プラスチックはいい匂いがする」か
...そうなのか...
水面、水中でユラユラと、生き物(餌となる生物)に見えるから食べてしまうのだと思ってた...
あの片手に扇風機みたいなのってかなりの確率でゴミになるよね?しかも何ゴミか困るタイプ。要らないでしょ。
当たり前のこと。でも雛にまで被害が及んでいるとは思わなかった。
もう手遅れ感がある。
しかし、今、本気になってやらなくてはいけないことがある。
この環境を改善しないと、こんな事態になるしね。
| ナショジオ日本版サイト
海鳥がプラスチックを食べて命を落とすことが問題になっていますが、死には至らない「非致死的な」量のプラスチックを食べた場合でも、身体に様々な影響を及ぼしていることを示す研究が発表されました。
「今回のデータは、危険信号です」と研究者 ナショジオ
「今回のデータは、危険信号です」と研究者
(日経BP) アホウドリとミズナギドリが、船から投げ捨てられたイワシを食べる。(PHOTOGRAPH BY TH
以上

記事本文: 海鳥のプラスチック誤食、少量でも健康被害、研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事