ウマの驚きの事実が続々発覚、大規模ゲノム研究で | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

121人の科学者が参加した大規模なゲノム研究により、足が速くなったのはごく最近で、現在のウマの遺伝的多様性は史上最も低く、人知れず絶滅していた系統が2つ存在したことなど、衝撃の結果が続々と判明した。...

Twitterのコメント(26)

わしの思い出した記事はこれ。両方人間が繁殖させた結果だな〜みたいな
ギンザグリングラス擁立急げ!
とはいうものの三大始祖も数世代遡れば共通の祖先に行き当たるってどっかで見たし歴史的観点から保護されたらいいなとは思うけど遺伝子の多様性を求めるならもうサラ外からもってくるしかないんじゃないの
気になるから次は人間でやってほしい
オス サラブレッド 史上最低の遺伝的多様性
> 人間による極端な品種改良の結果、家畜のウマの遺伝的多様性が極めて低くなっていることが明らかになった

ちなみにポニーは品種改良された馬ではなく小型の馬の総称
史上最低の遺伝的多様性、人知れず絶滅していた2つのグループほか
1700年生まれのアダムか~。現存するオスのサラブレッドの95%がこのダーレーアラビアン1頭に繋がってるってすごい
馬の遺伝子はそんなに同じようなモノばかりなのか

幻想がどれだけ問題あるか馬が身を持って教えてくれているな
人間でやるといろいろまだ問題があるけど馬なら文明史の伝播の様子がわかるからいいんじゃないかなと思う。 / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
軍馬としての需要?
途中からリンクされてるブルドッグのほうの記事も興味深い
史上最低の遺伝的多様性、人知れず絶滅していた2つのグループほか
❝ヒト以外を対象とした過去最大規模のゲノム時系列の研究によって、人間による極端な品種改良の結果、家畜のウマの遺伝的多様性が極めて低くなっていることが明らかになった❞
馬の家畜化の研究が着々と進んでいますね😊
遺伝子の多様性が減少しているとの事…
野生の種としては絶滅しているだけに、馬の未来が少し心配😥
「たとえばもしあなたが今年のケンタッキーダービーに出走したサラブレッド種のオス20頭のDNAを調べたなら、その大半が、1700年に生まれた1頭の種馬まで遡るY染色体を持っていることがわかるだろう」
「ウマの驚きの事実が続々発覚、大規模ゲノム研究で」
ウマの家畜化の歴史って未解明だったのか。
ウマの驚きの事実が続々発覚、大規模ゲノム研究で「史上最低の遺伝的多様性、人知れず絶滅していた2つのグループほか」 |
「人間による極端な品種改良の結果、家畜のウマの遺伝的多様性が極めて低くなっていることが明らかになった」

| ナショジオ
馬しかり、人間は色んな生き物を品種改良し、大きな影響を与えている
競馬がギャンブルという以外にももっと有害なものであったことが判明。
「人間による極端な品種改良の結果、家畜のウマの遺伝的多様性が極めて低くなっていることが明らかになった」→
色々事実が発覚した後、新たな謎と言う袋小路に入ったぞw
少し物足りない感じ。続報に期待か?

「ウマの足を速くする遺伝子の変異を特定した。」
「その能力が特に強化されたのは、約200年前のこと」
「おかげでウマはより速く走れるようになったが、極端な繁殖方法が採られたことにより、遺伝的多様性は14~16パーセント減少した」
以上

記事本文: ウマの驚きの事実が続々発覚、大規模ゲノム研究で | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事