定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石  | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

150万年前の巨大クジラの化石がみつかった。そこから、シロナガスクジラは今まで考えられてきたよりも早くから巨大化した可能性が浮上している。...

Twitterのコメント(12)

オキアミみたいなのもワンサカいたってことか:
「150万年前の更新世前期の海に、すでにこの大きさのクジラがいた」「これまでシロナガスクジラが登場したと言われてきた年代よりもずっと古い」|
"科学者が驚いたのは、150万年前の更新世前期の海に、すでにこの大きさのクジラがいたということにある" ほえー / “  | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
シロナガスクジラは、地球上に存在した生物の中で一番大きい。では、シロナガスクジラはいつごろ、どうやってそんな巨大な体を手に入れたのだろう。イタリアの湖から出土した化石の分析から、その手がかりが見えてきた。 20…
科学者が驚いたのは、150万年前の更新世前期の海に、すでにこの大きさのクジラがいた=これまでシロナガスクジラが登場したと言われてきた年代よりもずっと古い。
“科学者が驚いたのは、150万年前の更新世前期の海に、すでにこの大きさのクジラがいたということにある。何しろ、これまでシロナガスクジラが登場したと言われてきた年代よりもずっと古いのだ。” / “  | ナショナルジオグ…”
突然変異によってクジラが誕生したかと思われていたが、大型のクジラ化石が見つかったことで、実際は長い歴史があるということが判明。
徐々に大きくなったのではなく初めから…
クジラの化石。 実は大昔から既にいたのか。 深いな。
考えられていたより、はるか前にシロナガスクジラが巨大化した可能性浮上 ナショジオ
考えられていたより、はるか前にシロナガスクジラが巨大化した可能性浮上
以上

記事本文: 定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石  | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事