TOP > 科学・学問 > コンゴのエボラ流行が収束せず、史上第2の規模に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

コンゴのエボラ流行が収束せず、史上第2の規模に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

アフリカ中部のコンゴで、エボラ出血熱の感染が拡大している。数多くの対策がなされているにもかかわらず、収束しない原因を取材した。...

Twitterのコメント(21)

エボラ出血熱の死者が1000人を突破した。アメリカの生物化学兵器の人体実験との説もあるが。
空気中の環境DNAソースをどうにかシングルセルにして解析して、ウイルス持ってる非特定の宿主候補をさがすとかできないんのかね。
コンゴのみならず、コンゴの近隣諸国や中継地(中東等)にご渡航の際、くれぐれもご注意ください。
(IS残党も入り込んでいるらしい。先の展開は想像したくもない)机上ではよい戦略なのに/地域住民をよき理解者にできるか / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
> 他の2つの施設が襲撃を受け、焼けてしまったため、ここがブテンボで唯一機能しているエボラ治療センターだ。
終息してなかったのか…
抑え込もうと努力している人々が、
襲われる現実。
人間は悲しい生き物かもしれない。
“今回の流行の特徴は、子どもの感染が非常に多いこと、そして、かなりの割合の患者がエボラ治療センターで手当てを受ける前に亡くなっていることだ。(略)公衆衛生の専門家からは、流行に終わりが見えないと危惧”

コンゴって旧ザイールの方のコンゴ(コンゴ民主共和国)ね。もとからのコンゴ(コンゴ共和国)ではなくて。
コンゴ民主共和国(旧ザイール共和国)北東部。

| ナショジオ
アンジェスのエボラ抗血清製剤は時間がかかりそうですが、一刻も早く実現してほしいですね🧬
今回の流行の特徴は、子どもの感染が非常に多いこと、そして、かなりの割合の患者がエボラ治療センターで手当てを受ける前に亡くなっていること
コンゴのエボラ流行が収束せず、史上第2の規模に(ナショナル ジオグラフィック日本版) -
前回のアウトブレイクの時はけっこう報道されて空港もピリピリしてた感じがあるけど...ヤバイみたいだな😱
ありゃ…それはヤバそうな…
アンジェスホルダーの皆さんへ。
まだ収束がみえてないのか…。ここまで長期化するなんて… <
教育や公衆衛生の概念がない国だと収束させるのは難しい。日本にも反ワクチンなんて屑集団がいるから他山の石としてそいつ等をケアしていかないと。 /
年齢に関係なく意識教育って大切ですよね(´・ω・`)人間の脳が1万年前と変わっていないという研究結果にも納得💦どうかWHOの努力が実りますように…!
ホットゾーンって本とアウトブレイクって映画が印象的だったな。
対策は万全なのに、なぜ大流行は収束しないのか?
「流行を食い止める努力は、外国人からの援助を受け入れたがらない地元の人々の抵抗によっても妨げられている。その一因は、内戦で疲弊した地域における不信だ」
以上

記事本文: コンゴのエボラ流行が収束せず、史上第2の規模に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事