解説:民間初の月面着陸失敗は「大きな前進」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

イスラエルの月面探査機「べレシート」は民間初の月面着陸に挑戦したが、失敗に終わった。しかし、民間による宇宙開発は加速している。...

Twitterのコメント(6)

失敗は成功の母だからねー。実行力がすごい!ってかちゃんと月面まで到達してるんだし。
●民間初の月面着陸失敗は「大きな前進」
ところで、50年も前のNASA月面飛行士のアドヴァイスを役に立てたんかな?。何かタシにしはった怪??・・・❖解説:民間初の月面着陸失敗は「大きな前進」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
“解説:民間初の月面着陸失敗は「大きな前進」 ”

そんな「大きな前進」よりも、パレスチナでの和解をしっかりと行うことが「大きな前進」。
スペースILの月探査チャレンジに敬意を表します。
「挑戦しないことと、失敗することは違います。」
その通かと思います。
Xプライズ財団から「ムーンショット・アワード」が授与される予定。文字通りムーンショットだもんなー / “解説:民間初の月面着陸失敗は「大きな前進」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
「民間初の月面着陸失敗は大きな前進(ナショナルジオグラフィック日本版)」→ 時代は変わった。失敗に終わったものの、民間の宇宙開発の挑戦は凄い!
以上

記事本文: 解説:民間初の月面着陸失敗は「大きな前進」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事