新天地を求め大冒険に挑んだトラ、その悲劇と希望 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

インドのトラが新天地を求めて、人知れず1年で300km以上を移動した。残念ながら悲劇的な最期を迎えたが、野生生物の保護に携わる人々は新たな希望を見出している。...

Twitterのコメント(6)

これは素晴らしい話だな。壮大なドラマだ。
このトラが生きていたら
どこまで冒険したのだろう…と思うと同時に
トラの生きる場所があって
自然界の生きもの達が自由に冒険できる世界でなければ、地球は終わると思うんだ。
人の生息域での経緯を見ると環境保護も自然破壊も等しく人間のエゴでしかないんだなって虚しくなりますね
勝手に希望されて勝手に失望されて…いっそ家畜としての生き様の方がマシなんじゃないかと思える。まあ我々がトラに望む強者としての幻想がそれを許さないでしょうが
の為にも、地球環境と平和の最悪の圧=屍那人の減少を切に願う。
安全な森を捨て、人知れず1年で300km以上を移動、インド
安全な森を捨て、人知れず1年で300km以上を移動、インド ナショジオ
以上

記事本文: 新天地を求め大冒険に挑んだトラ、その悲劇と希望 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事