TOP > 科学・学問 > 水上浮遊都市が人口問題を緩和?国連計画が議論 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

水上浮遊都市が人口問題を緩和?国連計画が議論 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

人口の増加、海水面の上昇、危機にある生態系など、地球上の都市がさまざまな脅威に直面する中、かつては空想の産物だった「水上浮遊都市」という選択肢が現実味を帯びている。...

Twitterのコメント(11)

海水面の上昇は避けられないから、できることからってコトで。
水上浮遊都市憧れてるんだよね。コバルトリッチクラストのうえに23区部ぐらいの水上都市つくりたいな。 / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
アメリカの資産家が同じような計画してなかったけ
「国連人間居住計画(UN-Habitat)」が「#持続可能な水上浮遊都市」構想を発表。夢物語のように聞こえるかもしれないが、#気候変動 のリスクに晒される東南アジアでは切実な問題。提案者「オーシャニクス社」とデンマークの建築家ビャルケ・インゲルス氏。#SDGs
現実問題として汚水と上水をどうするかだよね 食料はその次の問題
ひょっこりひょうたん島
国連計画が「持続可能な水上浮遊都市」を議論🤔

温暖化が進行してる中、海水面上昇するは明らか…
そこで水上都市というアイディア!

ナイジェリアのマココは水上でボートやイカダつなぎ合わせ数万人が暮らしてる。難題ある沿岸地域こそ必要だとモハメドさん支持💪
海面上昇、世界の都市化と人口増に対するひとつの考え方、のようです。

| ナショジオ
「海水面の上昇や高潮による脅威は、数キロ沖合の海には存在しない。沿岸地域ではあれほど恐ろしい津波でさえ、海上都市にとってはそこまでの脅威にはならない」
台風対策など課題も多いが興味深い立案。
【このプロジェクトは、貧困層が海岸で溺れているのを一部のお金持ちが眺めるといったものにはなりません】

SF映画では富裕層が荒廃した地球を見捨てて、スペースコロニーに移住するという設定が有り勝ちですが。(^w^)


水上浮遊都市が人口問題を緩和?国連計画が議論
以上

記事本文: 水上浮遊都市が人口問題を緩和?国連計画が議論 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事