国立公園近隣の子どもは健康で豊か、途上国で確認 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

発展途上国の保護地域の地元住民は、他と比べて豊かで健康であることが最新の研究で明らかになった。野生動物や文化を守る保護地域が、世界の貧困や健康問題に取り組むためにも利用できると研究者らは主張している。...

Twitterのコメント(6)

興味深い
リカオンのことでモザンビークはチェックしてるけど、国立公園の側は貧困率が低く、健康豊かなんだって!

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
日本もCOP10時に,自然と健常な精神について語っていた>多目的保護地域の近くで暮らす5歳未満の子どもは、指標のひとつである身長年齢比のスコアが10%高く、発育不全は13%少ない
~ 野生動物を守る「保護地域」が周辺の人々にも恩恵、研究|ナショナルジオグラフィック
自然を保護すれば人も健康になる?

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
野生動物を守る「保護地域」が周辺の人々にも恩恵、研究
以上

記事本文: 国立公園近隣の子どもは健康で豊か、途上国で確認 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事