ヤマアラシの密猟が横行、狙いは体内の「石」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

東南アジアのヤマアラシが乱獲されている。未消化の植物が固まって体内にできた胃石に薬効があるとされ、主に中国で高値の取引がされているためだ。...

Twitterのコメント(40)

金の為ならなんでもやる中国‼️
やはりC国が原因か。

世界中に華僑ネットワークを広げて密猟をやらせている。

サイの角、トラのペニスなどと同じで薬効などない。
これもまた、某国の所為かよ・・。 エゴが大きすぎる。(哀)
変わったものに薬効があると信じる中国人は野生生物への脅威でしかない。なんでも食べるのはいいが、ありもしない薬効の為に野生生物を殺すな。中国政府も取り締まれ
ドードーも石取るために狩られたとか本で読んだ記憶があるな(・_

ヤマアラシの密猟が横行、狙いは体内の「石」(ナショナル ジオグラフィック日本版)
密漁はよくないからと石ができるように飼育したりして /
なんやこのラノベの魔石狩りみたいな話は
ビジネスチャンス
ヤマアラシまで…
“ヤマアラシの需要があるのは、主に中国。ヤマアラシの胃石に強力な薬効があり、糖尿病やデング熱、がんを治すことができると一部で信じられている。ただし、胃石の治療効果を裏づける科学的証拠は存在しない。” / “ | ナショナ…”
これも中国。象牙もサイのツノも中国だったなそーいえば
#ヤマアラシ 【胃石の価格は「がんが治るという宣伝の効果で近年、急騰している」という】#密猟急上昇
人間という生きものがとてつもなく、本当にどうしようもなく愚かな存在すぎて
アンチナタリストで良かったと思うことが多々ある。
ヤマアラシが乱獲されている。目当ては、消化管内で未消化の植物が固まった「ベゾアール」と呼ばれる胃石だ。野生生物取引の専門家によれば、ヤマアラシは東南アジア全域で危険にさらされているという。 ヤマアラシの需要がある…
密猟しちゃう人は多分目の前のことしか見えてないし自分たちが生きることで精一杯かと思うので、呼びかけただけでは無理だろーな。行政とか法による補導が必要。一番タチが悪いのが効能を謳って煽る奴ら。
このままではセンザンコウの二の舞と専門家
>マレーシアの郵便事業者ポス・マレーシアは2月15日、「エキゾチックな珍味」をテーマにした切手シリーズを売り出すと発表した。
>「野生動物の食材としての消費を推進しているように見えます」とクリシュナサミー氏は指摘する。
そんなもん効くわけないやろ。効くなら科学的に分析して、有効成分を合成するか他でもっと効率的に取れるんちゃうん。迷信やばい。
体内の石と言うと、アコヤ貝の真珠を思い出すのだが。
石なら私のを… >
モンハンかよ / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
これがヤマアラシか。ハリネズミとようやく区別がついた(とおもう)。
また中国か…
ヤマアラシの密猟が横行、狙いは体内の「石」(ナショナル ジオグラフィック日本版)
今まで食べてなかったような生物を食べたりすると、感染症や寄生虫症が新たに起こったりすから、健康にいいという迷信はやめた方が健康的だと思う。
また中国か(´・ω・`)

…需要があるのは、主に中国。ヤマアラシの胃石に強力な薬効があり、糖尿病やデング熱、がんを治すことができると一部で信じられ…ただし、胃石の治療効果を裏づける科学的証拠は存在しない>

|
人は自然に生かされているという東洋の大事な思想を履き違えてないか?
天人合一はどこにいった…

------------------------

中国伝統医学の薬として、未消化の植物が消化管内で固まった胃石が求められている。
漢方薬ビジネスの闇は深いよね
薬効未確認でも売れたら勝ち
この薬ミリシラだけど麝香と同じようなものなのかな
同じようにセンザンコウの鱗に薬効があると信じられて中国で取引されてるよね…。
なんで科学的根拠もないのになんの罪もない動物達を殺して金儲けの道具にしてしまうのか…
なんでよりによって胃の中の石なの もう効果ないならウンコでもいいじゃん…うんこ拾えよ…
このままではセンザンコウの二の舞と専門家|ナショナルジオグラフィック日本版サイト
んもー…漢方こういうとこは本当良くない…(´д`|||)効く訳ないだろう…
人間のために動物がいるわけではないのに、こんな話が多すぎる😡😡
ヤマアラシが乱獲されている。目当ては、消化管内で未消化の植物が固まった「ベゾアール」と呼ばれる胃石だ。野生生物取引の専門家によれば、ヤマアラシは東南アジア全域で危険にさらされているという。...
また漢方のしわざか
密猟ってなぜなくならないんだろか…
ビジネスとして成立する土壌を根絶するのが急務なんではなかろうか…
#ヤマアラシの密猟が横行、狙いは体内の「石」: このままでは#絶滅危惧種である#センザンコウの二の舞になると、専門家は警鐘を鳴らしています。#ナショジオ
ゾウだって、センザンコウだって、ほかの動物もこんなのばっかり。いつまでもこんなにオロカでは、近いうちにバチかぶるな。ヒト種。(屋号にお名前Porcupineを借りているのでエキサイト中)
このままではセンザンコウの二の舞と専門家
以上

記事本文: ヤマアラシの密猟が横行、狙いは体内の「石」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事