「海氷の裏側」がホッキョクグマの命運を握る理由 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ホッキョクグマの生存に欠かせない海氷。新たな研究から、海氷がホッキョクグマを頂点とする食物連鎖を根底から支えていることがわかった。...

Twitterのコメント(9)

海氷は「北海の生き物たちの母」だ。海氷には藻類が育つ。それを動物プランクトンが食べる。それを魚などが食べる。さらにそれらをアザラシが食べ、そのアザラシをホッキョクグマが…
でも温暖化で海氷は失われてきている。損失はめちゃめちゃ大きい…
種が減ることは人間の命運にも関わることだから→
温暖化……(´・ω・`)
今宵の
φ(・ω・*)フムフム...
海氷の裏の藻類が北極の生態系の基本となっている
ホッキョクグマの餌のアザラシは魚類を食べ、その魚類の稚魚は海氷の裏の藻類を食べる食物連鎖なので、つきつめれば海氷が減って藻類が減れば、ホッキョクグマは絶滅するのですね。
海氷減少で危機に陥るのは狩りの場所が減るせいだけではない
海氷減少で危機に陥るのは狩りの場所が減るせいだけではない ナショジオ
以上

記事本文: 「海氷の裏側」がホッキョクグマの命運を握る理由 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事