白亜紀の鳥、生まれてすぐに走れたことが判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

恐竜時代の鳥は生まれてすぐに走る必要があったことが、白亜紀の化石の研究でヒナは生まれたときから羽毛が生えていたことが確認された。...

Twitterのコメント(13)

「判明」って見てきたような…
白亜紀のひよ子さんだ
さすが鳥種!!!
今の鳥たちは、進化なのか?退化なのか?

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
>エナンティオルニス類の親鳥は抱卵をせず土中に埋めていたこと、ヒナは「極めて早成」で非常に発達した状態で卵からかえっていたこともわかっている。
ああ、陸上で生まれるならキジ類(つまりニワトリ等)とも条件が近いな
<ピヨピヨ>

古代の鳥のヒナにはニワトリのヒヨコのように羽毛があり、生まれてすぐに走れた(ひょっとすると飛べた)可能性があることが新たな研究でわかった。
雉はほぼ恐竜ということでよいのでは
ヒナの化石の研究で、恐竜時代の鳥は生まれてすぐに走る必要があったことを確認|ナショナルジオグラフィック日本版サイト
ヒナの化石に羽毛が見つかった → この鳥は留巣性ではなく、現代のカモやニワトリと同様に「早成性」だった、という推論なのだそうです。

| ナショジオ
「エナンティオルニス類」ヒナに羽毛があるとすぐに走れる(飛べる?)早成性、羽毛がないと巣で子育てされる留巣性。レーザー誘起蛍光で調べて羽毛を発見 / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
白亜紀の鳥、生まれてすぐに走ることができた、という記事がナショジオさんに→ 。エナンティオルニス類のヒナの化石の分析から。
ヒナの化石の研究で、恐竜時代の鳥は生まれてすぐに走る必要があったことを確認 ナショジオ
ヒナの化石の研究で、恐竜時代の鳥は生まれてすぐに走る必要があったことを確認
以上

記事本文: 白亜紀の鳥、生まれてすぐに走れたことが判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト