記憶とは何か―脳はどう覚え、保ち、失うのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

人間の記憶は、脳内の様々な場所で同時に形成され、あるものは長期保存され、あるものは失われる。...

Twitterのコメント(8)

ミューミュー「3つだけは覚えられる 『3つ』だけの生活だ だが記憶を全て失くすより始末が悪い、自分は何をやっても「無駄」だということを・・・・・・くり返しくり返し体験し それは身にしみて理解できるわけだからな・・・・・・・・」
思い出を懐かしく思い出すことで記憶が強化されていく可能性。

「最近の研究では、一部の記憶は思い出すたびにさらに固定化されることがわかってきている。」
メモ> | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
"一般的に、宣言的記憶のほうが非宣言的記憶よりも形成されやすい。ポルトガルの首都を覚えるほうが、バイオリンの弾き方を習得するよりはるかに簡単だ。しかし、非宣言的記憶の方が長い間脳に留まりやすい。自転車の乗り方をいったん覚えてしまえば、まず忘れることはない。"
安倍首相の頭の中は「妄執」の文字があるかも?!

| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
「宣言的記憶のほうが非宣言的記憶よりも形成されやすい。ポルトガルの首都を覚えるほうが、バイオリンの弾き方を習得するよりはるかに簡単だ。しかし、非宣言的記憶の方が長い間脳に留まりやすい。」

「頭で憶えたら忘れるが、身体で憶えたことは忘れない」と職人達は云う。
「恐れなど感情的な反応は脳の扁桃体に保存される。修得した技術は線条体に保存され、海馬は、宣言的記憶の形成、保持、想起に欠かせない」

| ナショジオ
以上

記事本文: 記憶とは何か―脳はどう覚え、保ち、失うのか | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。
29コメント 2 時間前   - note.mu