隕石衝突まで恐竜は減っていなかった、新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

衝突前から恐竜は絶滅しかけていたかどうか、議論が分かれていたが、大量の化石データと最新の気候モデルを使った新研究によると、まだまだ繁栄中だったという。...

Twitterのコメント(14)

ナショジオに面白い記事🤔
劇的な環境変化がすべてを変えてしまうのですね。
魅力的な研究です.だけど今更確かめようのない仮説って「ある手法ではこんな結果になった」以外の解釈ができないから他の仮説との比較や重みづけが難しくないですか?
| ナショナルジオグラフィック日本版
「隕石さえ衝突しなかったらと思うと、残念でなりません」
6600万年前のある日、地球に隕石が衝突したせいで、恐竜の時代は終わりを告げた。恐竜の仲間の中で、この試練を生き延びたのは鳥類だけだった。その鳥類と、私たちの祖先にあたる初期の哺乳類が、恐竜に代わって主役の座に就い…
“「もう何年もこんな作業をしています。来る日も来る日も、モデルがうまくいかなかったり、プログラムが動かなかったり、データクリーニングに追われたり。『Maastrichtian』のつづり間違いに気づいたりしたときには、頭がどうにかなりそうですよ」”
「古生物学も「ビッグデータ」の時代」気候モデルでシミュレート/「『Maastrichtian』のつづり間違いに気づいたりしたときには、頭がどうにかなりそうですよ」「隕石さえ衝突しなかったらと思うと、残念でなりません」 / “ | …”
ビッグデータを活用し「古代地球の高解像度地形モデルを最新の気候モデルと組み合わせ」たところ「白亜紀の終わり頃にかけて、北米の大部分が相変わらず恐竜にとってすみやすい環境だったことを示していた」
巨大隕石衝突の前に、既に恐竜の衰退が始まっていたのかという問題。北米西部で恐竜が衰退したように見えるのは、地質が化石記録を残すのに適さなくなったから、かもしれないという話。
大量の化石データを駆使、「恐竜がすむのに適した環境が豊富にあった」 ナショジオ
以上

記事本文: 隕石衝突まで恐竜は減っていなかった、新研究 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事