世界で大幅増、海でも熱波が生物を苦しめている | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

地上と同じように、海にも熱波が存在し、生物多様性の脅威になっていることが最新の研究で明らかになった。経済や災害に悪影響を及ぼす恐れもあるという。...

Twitterのコメント(7)

此れが海中だけでなく人類にも破局をもたらす予兆なんだけどね…
「海洋熱波」が生物多様性を脅かす、経済や災害に影響も、最新研究
| ナショナルジオグラフィック 科学者らの推測によると、過去10年間で大気中に排出された炭素の26パーセントが、海に吸収されている。海の生態系が壊滅すれば、海中の植物に吸収された炭素がすべて放出されることになる。
ある人類が
多様性社会を叫ぶなか
地球は
生物を減らす方向の
姿勢に
向かっている

世界で大幅増
海でも熱波が生物を苦しめている
ここ20年ほど、ずっと地球温暖化による海水温上昇によるサンゴ礁白化、藻場消失現象は、続いています。
もっと注目されても良いのですが、なかなかマスコミは取り上げてくれません。
アマモの再生が盛んな岡山県日生町の漁協の方が「ここ300年陸と海の陣取り合戦が続いていて陸優勢」と話していたことや「人類は海を食料庫かトイレとしか考えてこなかった」という何かの映像で流れていた言葉が思い出される。
「海洋熱波」が生物多様性を脅かす、経済や災害に影響も、最新研究
ナショジオ
以上

記事本文: 世界で大幅増、海でも熱波が生物を苦しめている | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事