封印されていた古代マヤの洞窟、祭礼品が多数出土 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

メキシコのユカタン半島のバラムク洞窟。そこで1000年以上眠っていた祭礼品の数々が見つかった。マヤ帝国の盛衰を紐解く手がかりとなるかもしれない。...

Twitterのコメント(10)

マヤ文明崩壊の原因へ迫る!

「かつて1000万から1500万人が暮らしていたマヤの低地で深刻な森林破壊が起き、干ばつが悪化した結果、この地域は人が住むことができなくなったという説を唱える研究者もいる。」
どーん!チツェンイツァ死ぬまでに行けないと思うからせめて研究進めてくれ!
…ユカタン半島にあるマヤの古代都市チチェン・イッツァ。その地下には、いくつもの洞穴が連なる洞窟系があり、バラムク(ジャガーの神)洞窟と呼ばれている。そこで聖なる泉を探していた考古学者たちが、儀式用の品150点以…
すごい大発見! 地下世界での儀式の祭壇だったんだね。
メキシコのマヤ文明の古代都市「チチェン・イッツァ」の地下洞窟から、150点もの儀式用の品が一度に発見されました。1000年以上も手つかずだった品々で、不明な点が多いマヤ文明の盛衰の歴史を解明する手がかりになると期待されています。
大マヤ帯水層プロジェクトの調査隊がバラムク洞窟で偶然発見した「宝の山」とは
しかもユカタン半島
←動画観て息苦しくなった。洞くつ探検無理、ゼッタイ
とんでもない魔物とか出てきそう
以上

記事本文: 封印されていた古代マヤの洞窟、祭礼品が多数出土 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事