スペースX新宇宙船、米国が自力の有人飛行へ前進 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

まずは宇宙ステーションへの無人飛行に成功。米国は民間の宇宙船を利用して自力での有人飛行を再開しようとしている。今回はそのための重要な一歩だ。...

Twitterのコメント(6)

窪田製薬の眼疾患診断技術の早期実現が期待される。
フラグをたてるんじゃないよ(笑)
やめろ。帰還した時に違う生命体が乗ってるぞ。

《「リプリー」と名付けられた、人間の形をした実験機器だ。映画『エイリアン』でシガニー・ウィーバーが演じた登場人物の名前にちなんでいる。》
無人でテストできる段階にまで、なったのか宇宙旅行を商業的にできるようになる日は近い。日本でもこういったベンチャーが育てばいいな
"米国のロケット発射台からは、もう8年近くの間、宇宙飛行士が軌道に打ち上げられていない。しかし、この状況はもうすぐ変わるかもしれない。"
先日打ち上げに成功した「クルードラゴン」に乗船していたのはリプリーと言う名のダミー人形。各種データを取るためにセンサー満載で任務に望んだとのこと。
以上

記事本文: スペースX新宇宙船、米国が自力の有人飛行へ前進 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事