骨の難病と闘った女性、願い叶い博物館の展示に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

現在フィラデルフィアの博物館に展示されているキャロル・オーゼルの「二層骨格」は、早速、骨の病気についての知見をもたらしてくれている。...

Twitterのコメント(31)

これは千島・森下学説の裏付けになりますよね。体がもともと持っている働きが過剰に働いた結果と考えれば。違うかなあ?
こんな病気があるんだね。
好物ですぅ❤️
人間の体も まだまだ
謎だらけですなぁ。
この病気、確か手塚治虫の「ブラックジャック」に出てきてたよな
心を美しく保つことは難しい
この世の中、自分さえよければいい、と考える人が多すぎる
死してなお、高潔であることを称えたい
どうしてだろう、不謹慎かもしれないけれど、とてつもないラブストーリーの様に思える…😢 /
イイハナシ /
≪右手の3本の指しか動かせなくなった彼女は当初の意志を貫き通した。彼女の最期の願いは、自分の遺体をムター博物館に寄付することだった。彼女とイーストラックがかかっていた珍しい病気について、訪れる人を教育し、科学者たちが治療法を発見する手助けとなるように≫
キャロル・オーゼルが初めてハリー・イーストラックの「二層骨格」を目にしたのは1995年のことだった。米国ペンシルベニア州、フィラデルフィア外科医カレッジのムター博物館で、一際目を引くその人骨を見た瞬間、いつか「ハ…
本当に骨が増えていたり癒合したりしている
画像の骨格…この体勢から動けなくなったまま、亡くなったのか…
ほええええ
日本語版はこちら。
筋肉などが骨になる病気「進行性骨化性線維異形成症」を知っていますか?
まるでブラック・ジャックに出てきそうなエピソードだ。
病気で体は動かなくなったが心は常に自由だったんだな・・・
キャロルさんの生き方を心から尊敬します
そしてこの病気を治せる日がきますように・・・
なんと勇敢な……
筋肉が骨に変わる病気だよね?昔テレビで見て衝撃だったな
最近ホネホネ言ってるからだと思うんだけど、Googleせんせーがピックアップしてくれるおすすめ記事がホネホネしている。
ナショジオ好きで定期的に見てるけど知らないこといっぱいあるなあと思わされる…。
ジョンガリ・A「ライフルは「骨」でささえる

骨は地面の確かさを感じ銃は地面と一体化する

それは信用できる「固定」だ」
彼女がどんな気持ちだったかは私には分からぬが、彼女の意志と遺産が、同じ病気の克服に偉大なる貢献 を捧げた事だけは事実だと思う。
2人がかかっていたのは「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」という病気。珍しい病の1つで、筋肉、腱、じん帯などの軟組織が徐々に骨に変化し、関節が動かせなくなり痛みも伴う「二層骨格」に患者を閉じ込めてしまう
俺も博物館に・・・。
骨の不思議
「キャロル・オーゼルは、地球上で最も珍しい病気の1つにかかっていた。進行性骨化性線維異形成症(FOP)というこの難病は、筋肉などの軟組織を骨に変えてしまう」
「難病の苦痛の末、命を終えた方には、ただ尊敬しかない。」
「世界で最も珍しい病の1つで、筋肉、腱、じん帯などの軟組織が徐々に骨に変化し、関節が動かせなくなり痛みも伴う「二層骨格」に患者を閉じ込めてしまう。FOPと診断された人は、世界中で900人程度しかいない」
今日、FOPは外傷などによって誘発される神経炎症反応だということがわかっている。幹細胞にある骨の形成経路が過剰に活性化されるのだ。
医療は死がらまなぶ学問だということを、改めて認識した偉大な行為だ。
筋肉などが骨になる病気「進行性骨化性線維異形成症」を知っていますか? ナショジオ
“「骨はこんなふうになるものではないということについて研究すると、骨は本来このようになるものだということについてもわかるようになるのです」とドーディー氏は話す。”
以上

記事本文: 骨の難病と闘った女性、願い叶い博物館の展示に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事