100年ぶり!「絶滅した」はずのカメ見つかる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

南米エクアドル沖に浮かぶガラパゴス諸島で、絶滅したと考えられていたゾウガメが100年ぶりに見つかった...

Twitterのコメント(21)

えっ…嘘でしょ………
100年以上ぶりにフェルナンディナゾウガメが発見された。

が、、、よくよく読んでみると人間の都合で移動させられている。

種の保存を考えれば当然なのかも知れない。

しかしこれでは、再発見された瞬間が「野生個体」の絶滅した瞬間でもあるように思えて切ない。



#カメ
少し詳しく書かれているナショジオの記事。
この探索のリーダー、ワシントン・タピアさんは、国立公園局職員だった十数年前に、JICAのプログラムで日本に来て、小笠原にも研修に行かれた方。
「世紀の大発見」と日本を(無理やり)繋げてみました^_^
残っている記録では、フェルナンディナゾウガメが目撃されたのは1906年が最後。2017年まで、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅した可能性あり」とされていたカメだ。
ガラパゴス諸島のフェルナンディナ島で、フェルナンディナゾウガメ(学名:Chelonoidis phantasticus)が100年ぶりに見つかった。発見したワシントン・タピア氏にとっては、アカデミー賞を受賞したような感激だった。 「30年間、…
そのカメもちょうど100歳くらいだしもしかして生き残りではないかと…
100年ぶりに発見🐢
嬉しいニュースですね😊
絶滅を証明するのは難しい。
やっぱり拉致されたか…🙄
最後の目撃記録は1世紀以上前。フェルナンディナゾウガメ復活の希望
ナショジオ
最後の目撃記録は1世紀以上前。フェルナンディナゾウガメ復活の希望
ガラパゴスのゾウガメって聞くたびにロンサムジョージ思い出す
サイコーだな!
えぇーーーー!(ゾウガメを知らないクセに発言する人)
100年ぶり。そして、この亀100歳ですか。他の個体もいてほしいね。
西之島の、これからの生態系は、保護して行かなくては、と思います。
※ ロンサム・ジョージに仲間が居たのなら、それはそれで嬉しい事だなぁ♪
加藤先生出動では?!
やっと、みつけてもらえて
よかったねぇ。。。✨😊💓🐢✨
「ガラパゴス諸島のゾウガメは、生態系の土木技師のようなものなのですよ。島内を歩き回って種子を散布し、生態系を維持することに役立っています。このゾウガメがもつ生態学的な役割がとても重要なのです」
以上

記事本文: 100年ぶり!「絶滅した」はずのカメ見つかる | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事