小柄なティラノサウルス類の新種発見、人間サイズ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ティラノサウルスの化石の空白期間を埋める、ひょろっとした新種の捕食者が発見された。9600万年前に生きた祖先で、ティラノサウルスが短期間に巨大化したことを示唆している。...

Twitterのコメント(26)

今朝アリシアさんが話してたの、のれかな。ティラノサウルスの仲間、であってティラノサウルスではない!ティラノサウルスはやっぱり大きくなくちゃ!
これは、かわいいんじゃないのかな?ペンギンだね。
小さく、ひょろっとした体つきをしており、足が速く、自分よりはるかに大きな肉食恐竜の影に隠れるような生活に適応していた
ティラノはおっきいからかっちょええんやということがよくわかる。
小さいけど成体だからTwitterに投げても大丈夫だよ〜 / 1600万年であんなに大きくなるなんて…… / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
「モロスは、ティラノサウルスが北米大陸で食物連鎖の頂点に君臨する捕食者としての地位を築いた過程を詳細に解き明かす手がかりになります」
強大なティラノサウルス・レックスは、その名が示す通り「暴君トカゲの王」だったかもしれない(「ティラノ」は暴君、「サウルス」はトカゲ、「レックス」は王の意味)。しかし、その祖先も王族のような生活を送っていたわ…
ティラノさんほどどんどん姿が変えられていく恐竜もいないようなぁ・・・
最近は羽毛バージョンのせいか可愛くなっちゃって・・(笑)

ジュラシックパーク世代のティラノさんが一番かっこよかったです!(`・ω・´)

空白埋める9600万年前の恐竜、Tレックスまで短期間に巨大化か、米ユタ州
1600万年の間に何があったのか。
クミケラトプス:にんげんサイズだって
レイノサウルス:にんげんって何よ
クミ:んー、なんだろw
レイ:ちっぽけってこと?
| ナショナルジオグラフィック日本版
ゆきざうるすの親戚かな?
小型なティラノサウルス類の新種発見
これまで発見されてこなかった白亜紀中期アメリカのティラノサウルス類。白亜紀初期アジアの仲間に似ている。ティラノサウルス類は1600万年間で「驚異的な進化速度」で巨大化 / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
ティラノも祖先はひ弱で、当時の食物連鎖の頂点だったアロサウルスよりも小さかったです。
この小さな化石から、北米のティラノサウルス類は、少なくともモロスの時代まで小型のままであったことが示唆される。つまり、わずか1600万年間で、映画で怪物として描かれる大きさにまで巨大化したわけだ。
昨日ツイートした9600万年前の小型ティラノサウルス類。ナショジオさんに記事があがりました→ 。
こ!これは!!!フンガフンガ!鼻息荒み😤💕
日経ナショナル
白亜紀中期、巨大化する前のティラノサウルス。(その後わずか1600万年間で巨大化したらしい、という話)

| ナショジオ
米ユタ州で、Tレックスの新種発見。9600年前のもの。体重77kg体高1.5m足らずと小柄。その後10倍に巨大化した:
デッカいのも小ちゃいのも絶滅しました。頂点に君臨していた恐竜は。
空白埋める9600万年前の恐竜、Tレックスまで短期間に巨大化か、米ユタ州
以上

記事本文: 小柄なティラノサウルス類の新種発見、人間サイズ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事