太陽系の外の生命、どうやって探す? 研究盛んに | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

今や問題は地球外生命が存在するかどうかではなく、それをどうやって見つけるかだ。探査技術の進歩で、かつてないほどに高まる大発見の可能性に迫る。...

Twitterのコメント(11)

(`・ω・´) バイオシグネチャー
| ナショナルジオグラフィック日本版サイト
普通に考えていないわけないじゃん。
早く見つけてー!!

> | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
天の川銀河に、最低でも250億個は生命を宿せる惑星があるとみていい、のだそうです。

| ナショジオ
何処かの星に文明を築いている生き物がいるだろう。
危険だと思う。
文明の星が見つかれば更に調べたくなる➡コンタクトを取る➡けっして友好的とは限らない➡侵略される?
地球も侵略と迫害の歴史です。
研究盛んに(ナショナル ジオグラフィック日本版)

『宇宙には恒星よりも多くの惑星があり、少なくともその4分の1は、生命が存在する可能性のある「ハビタブルゾーン」と呼ばれる領域に位置する地球サイズの惑星だというのだ。』
近年のケプラー宇宙望遠鏡の探査によれば、惑星の4分の1には生命が存在しうるといいます。私たちの銀河系には約1000億個の恒星がありますから、最低でも250億個の惑星が生命を宿す可能性がある計算になります。今後の探査はどのように進められるのでしょうか?
ここのところ宇宙望遠鏡での地球型惑星(スーパーアース)の発見が相次いでいましたが、それもこれも地球外生命体をさがすため…
この桁違いの感じがいいわ↓
大昔の大航海時代が今は宇宙へと始まったんだな。昔は香辛料やら金銀探しだったけど、生命探しと資源探し、、植民地探しも有るな。  研究盛んに(ナショナル ジオグラフィック日本版)
- ナショナル ジオグラフィック日本版
「恒星の光が惑星に反射されるか、あるいは惑星の大気を通るとき、大気中のガスが特定の波長の光を吸収する。望遠鏡で集めた光に対して分光分析を行えば、酸素、二酸化炭素、メタンなど、生命と関連のあるガスの有無を調べられる」
以上

記事本文: 太陽系の外の生命、どうやって探す? 研究盛んに | ナショナルジオグラフィック日本版サイト