角もつタランチュラ アフリカで新種で発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

背中に大きく柔らかい角状の突起をもつ新種の大型クモがアフリカのアンゴラで見つかった。このタランチュラは、夜中に獲物を待ち伏せて捕食すること以外、不明な点が多い。...

Twitterのコメント(15)

角? …角っ!? 進化過程で必要になるから発生したんだろうけど、この角って捕食のため、だよね? デモ何で角? <
○○タラテクトって命名してほしい。
オイオイ、マジか! スゲー。
多湿ぽい環境好きみたいだね???
驚くべき蜘蛛の世界
シャア専用なのではないか?
ちょうカッコイイ!!!
つのかなあ
"ミジリー氏らのチームは、新種のタランチュラを「驚きをもたらすもの」という意味のラテン語からCeratogyrus attonitiferと名付け、2019年2月6日付けの学術誌『African Invertebrates』で研究結果を発表した。"
新種は興味深いけど。。。
世界最大が30センチとか知りたくなかった( ;∀;)
蜘蛛嫌いには恐怖しか無い
生き残り・繁殖の役立つものなのか、それとも遺伝子変異の弾みでたまたまできてしまった役立たずなものなのか。
背中に大きく柔らかい角状の突起をもつ新種の大型クモがアンゴラで見つかった ナショジオ
んが、今日は会いたくないシリーズか…
背中に大きく柔らかい角状の突起をもつ新種の大型クモがアンゴラで見つかった|ナショナルジオグラフィック日本版サイト
ㄘんㄘんバブーン、日本語で紹介。
以上

記事本文: 角もつタランチュラ アフリカで新種で発見 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事