【動画】アフリカでクロヒョウを確認、100年ぶり | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ケニアの保護区で、研究者が野生のクロヒョウの撮影に成功した。アフリカでクロヒョウが確認されたのは、約100年ぶりのことだ。...

Twitterのコメント(21)

ロデムだ。
100年ぶりとか素晴らしい
"メラニズムはアルビニズム(先天性白皮症)と対照的に、先天的な色素過多によって皮膚や体毛が黒く見える形質だ" / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
「アフリカでクロヒョウを確認、100年ぶり」→

黒ヒョウって、種類じゃなくて、あくまでも色素上の個性にすぎないのね。
2/15のBS1「国際報道2019」で動く映像見た。とても美しい!

(ちなみに私、黒ヒョウと言えば、真っ先に『バビル2世』のロデムを思い出してしまう)
アフリカでクロヒョウを確認、100年ぶり
先天的な色素過多「メラニズム」の雌ヒョウ、自動撮影
アフリカで100年ぶりに黒いヒョウが確認された
ケニア中央部に潜む“黒いヒョウ”の噂を聞きつけた
2018年に調査を開始、ロイサバ保護区の低木林にカメラを仕掛け、撮影に成功した
100年ぶりって!!しかも動画!
ディズニー感満載の姿。すげ
バギーラだ🐆!
ふーん、なるほどね。
マンガが完成した時にこのニュースが出てビビった
一種のシンクロだろうか?
黒ヒョウってそんなにレアだったんだ。しかも色素異常だったってしらなかった。
立派な体つき、密漁者たちに捕まりませんように。
かっくい!
先天的な色素過多「メラニズム」の雌ヒョウ
クロヒョウ生きてて嬉しい
黒ヒョウ❣️
「クロヒョウ」という種類のヒョウがいるわけじゃないんだ。知らなんだ
サンディエゴ動物園グローバル保全研究所のチームが、ケニアのライキピア・カウンティで、希少な黒ヒョウの存在を裏づける動画を撮影した。(解説は英語です)
動物占いで黒豹だったなあ。
そんなに?!
以上

記事本文: 【動画】アフリカでクロヒョウを確認、100年ぶり | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事