北磁極の動きが加速、原因不明、あまりに急激 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

グーグルやアップルも利用する世界磁気モデルも急きょ更新された。なぜ移動が速くなったのかは誰にもわからず、専門家らが注視している。...

Twitterのコメント(8)

ナショジオ ➡ 北磁極の動きが加速、原因不明、あまりに急激
「20世紀半ば、北磁極の移動距離は1日30メートル以下だった。...が現れ始めた。2000年代初めには、北磁極は年に約55キロのペースで移動していた。」
※3つの極点 → 北磁極、北極点、地磁気北極があるそうな
北磁極が不安定なの、北極に大陸が無いのと関連してゐるのだらうか。知識が無いので解らない。:北磁極の動きが加速、原因不明、あまりに急激
北磁極の動きが加速、原因不明、あまりに急激
「今後どうなっていくかはまったく予想できません。わかっているのは、これまでと違う動きを見せているということです。つまり、科学的に興味をそそるということです」
まず地磁気極と磁極の区別があるのを初めて知った。地球の時期はは1本の棒磁石ではなくそれ以外の要素が絡むので、前者のみを指すのが地磁気極、後者と合わせて勘案したのが磁極、って感じ?
/北磁極の動きが加速、原因不明、あまりに急激 | ナショナルジオグラフィック
このニュースを見て「天に対極あり、地に磁気ありこれを地天泰という陰陽災変し天地否となるこれを核と言う。中略、指南車 南を指さずして赤気いず、磁変泰は人為にて核を成し天子を生み出す」を思い出す我はマンガマニアである事を再認識する朝のくれまたです。おはよう。
「20世紀半ば、北磁極の移動距離は1日30メートル以下だった。1年で11キロに満たない。ところが1990年代半ばに変化が現れ始めた。2000年代初めには北磁極は年に約55キロのペースで移動していた」「地球内部の外核で液体の鉄のジェット噴流が起きていた時期と重なる」
「過去数十年間と比較すれば、現在磁極の移動は速まっていますが、地球の長い歴史のなかではこんなことが何度あったでしょう」
この急激な移動がどんな影響をもたらすのか?
『北磁極の動きが加速、原因不明、あまりに急激』
以上

記事本文: 北磁極の動きが加速、原因不明、あまりに急激 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事