地球への天体衝突が2.9億年前に急増、今も継続か | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

2億9000万年前、天体が地球に衝突するペースが、それまでの2倍以上に増えたとする研究が発表された。その余韻は今も続いているかもしれない。...

Twitterのコメント(24)

🈵
1⃣ 2019/01/21(84日前)🔥🔥15
🇭 162日ぶり📈
🚀 (13th/18)
🙋
:これが事実ならきになります。大丈夫かしら
日本も巨大隕石迎撃核ミサイルを開発して地球の安全に貢献しよう。

《問題は、なぜ隕石衝突が増えたのかということだ。ボトキ氏によると、地球に衝突する天体のほとんどすべてが小惑星帯からはじき出されたものだという。》
「NASAの惑星防衛調整局」かっこいい
今太陽系は2億9千年前からマルチボール状態。ウィザードに到達すると地球が滅ぶそうです。
「月のクレーターを覆っている岩石の割合や、岩石が熱を伝える力、クレーターが形成された年代などの間に、きれいな相関が見つかった」「地球と月の記録が一致」
ペルム紀に全生物の90%以上が絶滅したのはこれが原因なんだろうか。
「今から2億9000万年前、月に天体が衝突するペースが、それまでの7億1000万年間に比べて2~3倍に急上昇していたのだ。」
他の星でも天体衝突により、生物が進化したのだろうか?
“NASAの月探査衛星のデータを使った研究によると、天体が月に衝突するペース(ひいては天体が地球に衝突するペース)が2億9000万年前に激増していて、その影響がまだ続いているかもしれないというのだ。” / “012000044”
ここ3億年くらいのタームで他の天体と衝突しやすい時期に入っているとのことですが、一体何故だろう…
原因が気になる
☆天体が月に衝突するペース(ひいては天体が地球に衝突するペース)が2億9000万年前に激増していて、その影響がまだ続いているかもしれない(衝突ペースがまだ高い)

地球への天体衝突が2.9億年前に急増、今も継続か(ナショナル ジオグラフィック日本版)
月探査衛星による月のクレーター調査や、地上の特殊な岩脈の浸食の調査から、2億9000万年前に天体衝突頻度が2~3倍に増えたことが分かったのだそうです。

| ナショジオ
- ナショナル ジオグラフィック日本版
"今回の研究チームを率いたカナダ、トロント大学の惑星科学者サラ・マズルーイー氏は、「月は、地球の近くで起きた出来事を記録するタイムカプセルです。これだけのデータを保存する天体があることは、実に好都合です」と言う。"
2.9億年前以降、地球への天体衝突が増加、という記事→ 。まだ続いているかもしれない、と。
過去10億年の衝突ペース変化を初めて解明、「信じられないような結果」 ナショジオ
"月面から放射される熱を測定するLROの熱放射計「ディバイナー」のデータを、形成年代がわかっているクレーターのデータと比較" からの発見 / “012000044”
過去10億年の衝突ペース変化を初めて解明、「信じられないような結果」
なんか…地球って怖いね
巨大隕石を破壊するシステムが必要となるのだろうか。
スノーボールアースの映像作品も見たよ。地球を取り巻く環境はダイナミックに変化しているんだね。 -
以上

記事本文: 地球への天体衝突が2.9億年前に急増、今も継続か | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事