海水淡水化、廃水は淡水の1.5倍、化学物質も含む | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

海水淡水化プラントで、処理後に残される高濃度の塩水がどのぐらい発生するかを科学者らが推定したところ、淡水の1.5倍の量にのぼることが新たな研究によって判明した。...

Twitterのコメント(17)

ちょっと気になる記事、直接は関係していないが。
1万6000カ所もあるんだ!
ドバイ…ねぇ…
塩分以外は工場や発電所の温排水と同じ問題かな。
日本は規制があるけど野放しの国もあるんだろうね。
昨日あたりに読んだ同じ内容の記事よりわかりやすい。というか、こっちを元にしてるはずなのに…。
最後の学者のコメントが全てだろ。と思う。
幸いなことに水不足とか感じない環境にいるけども、知っておかないといけないことはたくさんある。
こういう記事は,発展途上の国に,科学的な足かせを付け,既得権益を守ろうとする二酸化炭素規制に似ている,,こんな化学物質の濃度気にするなら,福島に溜められた水も流すなというだろう・・・・
従来は等倍量とされた高濃度塩水、増え続けるプラントを科学者が懸念
淡水化後に海へ戻される高濃度の塩水と、塩素や銅などの化学物質が、周辺海域の生態系や人間(食物を通じて化学物質が体内に取り込まれる可能性あり)に与える影響が懸念されます。⇒ 海水淡水化、廃水は淡水の1.5倍、化学物質も含む|ナショナルジオグラフィック
NATIONAL GEOGRAPHIC🚀
ブライン🚀
なるほど / “ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト”
“論文は、特に厄介な化合物として銅と塩素を挙げている。こうした化学物質は淡水化プロセスのさまざまな段階において、細菌の繁殖を防ぐために海水に加えられ、その多くが廃水に残されたままとなる。” / “海水淡水化、廃水は淡水の1.5倍…”
《特に厄介な化合物として銅と塩素を挙げている。こうした化学物質は淡水化プロセスのさまざまな段階において、細菌の繁殖を防ぐために海水に加えられ、その多くが廃水に残されたままとなる》|ナショナルジオ: |
世界的な人口増加に伴い、水不足はどんどん深刻化していきます。
海水淡水化は解決策の一つですが問題も多く、その問題もクローズアップされないという問題も( ゚Д゚)

現在もだが、今後はより一層淡水化の需要が増す事になる。
技術や施設の廃止は困難だが、環境対策は早急に必要だ。
環境破壊で淡水化の需要が増え、より環境破壊という悪循環だ。
新しい技術には新しいリスクが発生してる訳で、そのリスク放置が悪い結果を出す前に動くのが賢い選択なんだけど、そういう部分で人が愚かな存在なのは、いつまでも変わらないのかなぁ🤔
従来は等倍量とされた高濃度塩水、増え続けるプラントを科学者が懸念
ナショジオ
以上

記事本文: 海水淡水化、廃水は淡水の1.5倍、化学物質も含む | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事