魚竜は中身も模様もイルカに似ていた、新たに判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

1億8000万年前の魚竜の化石に、皮膚や皮下脂肪の痕跡が残っていたことが最新の研究によって明らかになった。タンパク質の痕跡については議論を呼んでいる。...

Twitterのコメント(19)

先週ツイートした魚竜類とハクジラ類のお話。ナショジオさんに記事があがりましたね→ 。研究者のコメント多数。
(`-ω-) ピー助はイルカで作れる
1億8000年前の化石で
皮膚と皮下脂肪を
特定

魚竜は中身も模様も
イルカに似ていた
新たに判明
ナショナルジオグラフィックの記事。「魚竜は中身も模様もイルカに似ていた、新たに判明」 やっぱり、この黄色い本は面白いなあ~
魚竜は恐らく知能も発達してた?

イルカににている、目が大きい、情報はすくないが、これらからも恐竜の仲間であった魚竜は相当進化していたはずだ
魚竜は形状のみならず肌の模様などもイルカに似ていたことが判明。さらに皮下脂肪の痕跡から慣性恒温が可能であることがたしかめられたと。なんか理論的にそうだろうと思われてたことが証拠で裏付けられると気持ちよいですね。
約1億8000万年前、現在のドイツにあたる場所で、イルカに似た爬虫類が死に、海の底に沈んだ。海底でその死骸は驚くべきほど良好な状態で保存された。そのおかげで、この古代生物がクジラのような皮下脂肪をもっていた可能性…
ナショナル ジオグラフィック日本版 -
自然は本当に不思議。

 2018.12.7 NG
1億8000万年前の化石で皮膚と皮下脂肪の痕跡を特定、ネイチャー誌 ナショジオ
魚竜は中身も模様もイルカに似ていた、新たに判明(ナショナル ジオグラフィック日本版)
目が違う
すごいなー。古代の海の生態系も現代に近かった可能性があるよね→
マジか!? いや でも 今の生き物から考えれば 色はわかるワケだから こうなるのかもしれない
麗:皮下脂肪だって
久:安心しちゃダメだよw
不思議な進化ですね。
爬虫類にとっても哺乳類にとっても水中で生きるには
この形が一番優れているのですね。
ほーーーこれは良いこと聞きました✨
おお、面白い顔。
魚竜は中身も模様もイルカに似ていた、新たに判明(ナショナル ジオグラフィック日本版)
「『これは不思議の国のアリスのような話でした』とキア氏は言う。『ウサギを追って穴に入ったら、どこまでもどこまでも続いていたのです』」
以上

記事本文: 魚竜は中身も模様もイルカに似ていた、新たに判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事