TOP > 科学・学問 > 欧州ホタテ、全身にプラスチック粒子残留の可能性 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

欧州ホタテ、全身にプラスチック粒子残留の可能性 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

自然環境に相当する汚染濃度で、ヨーロッパホタテガイがプラスチック粒子をどのように摂取するかを調べた結果、小さなウイルスほどのナノ粒子については、6時間で全身に行き渡ることが明らかになった。...

Twitterのコメント(25)

|

溶かせばいいんだろ!と、原子力発電所に爆弾爆破事件多発した昨年頃から今年も時々、、被ばく2次被害しかなかった昨年末より、正法救世契約虐殺死体投げ付けて破棄した外法国の予想外過ぎて呆然愕然←破棄結果なだけ。
「昔はこういうの大好きで絶対食べたよね」
とムール貝が魚売り場で安くなったのを見て娘がポツリという

マイクロプラ汚染を受けやすい貝類
全身にプラがあるそう

海のマイクロプラが絡まった藻やアレルギーを食べて生息するためだ
もうボタテ食えない。。。
え゛💧
確か 日本周辺は、
マイクロプラスチック汚染の
ホットスポットだったよね・・・

ぅ─σ(・´ω・`*)─ん…
日本周辺は マイクロプラスチック汚染の
ホットスポットらしいから、
他人事じゃないね。😨
プラスチックを無くしていく、または無くさなければならない的な動きを促す情報。然しプラスチックは減らさなければならないと思います。また現状より海に流れ出す様なことは絶…
牡蠣も、ムールも忘れずに〜。涙
「 …24ナノメートルのプラスチック粒子は、全身の主要臓器に驚くほど素早く散らばった…」
人類は何処を目指して行くのだろうか。
英国沖で採取されたヨーロッパホタテガイを使い、プラスチック粒子の摂取状況を研究した結果が発表された。論文によると、粒子のサイズによっては、腎臓、えら、筋肉など、全身に行き渡ることが明らかになった。しかも、すべての過程が6時間以内に完了する。(本文より)
(ナショジオ)プラスチック粒子の摂取状況を研究した結果が発表された。論文によると、粒子のサイズによっては、腎臓、えら、筋肉など、全身に行き渡ることが明らかになった。しかも、すべての過程が6時間以内に完
このホタテを食べたらどうなるのか。
ナノサイズのマイクロプラスチックは長い間ホタテの体内に留まる。250ナノのMPは内臓にだけ集中し、48日経っても排出されず。英国の研究で専門誌に発表。|ナショナルジオ:
[粒子のサイズによっては、腎臓、えら、筋肉など、全身に行き渡ることが明らかになった]
影響はまだ不明とのこと。
改めて、取り返しのつかないものを私たちはバラまいたんだなあと。影響があるとして、何ができるだろう。
プラスチックを含まない海水にホタテを戻すと、24ナノメートルの小さいは体内から消えるまでに14日、250ナノメートルの粒子は48日後残存。後者は粒子は内臓にのみ蓄積と。
ナノプラスチック粒子が6時間で全身に行き渡る
これでもし自己免疫に影響を及ぼすとなれば深刻な事態に陥いる。ゴミはごみ箱へ。
自然環境に相当する汚染濃度で実験、小さなウイルスほどのナノ粒子
そうか、マイクロプラスチックスではなくナノプラスチックスか。25ナノメートルなぁ。(´ヘ`;) う~ん・・・ヤバいなぁ。
細胞壁を越え、遺伝子情報を書き換えることのないよう願いたい。
ホタテに限らずプランクトンをろ過して食べる生き物は全部該当するんだろうな。
昨日もホタテ食べちゃったよ(´・ω・`)
小さなウイルスほどの24ナノメートルのプラスチック粒子は、全身の主要臓器に驚くほど素早く散らばった。
>粒子のサイズによっては、腎臓、えら、筋肉など、全身に行き渡ることが
ひぇ
自然環境に相当する汚染濃度で実験、小さなウイルスほどのナノ粒子
以上

記事本文: 欧州ホタテ、全身にプラスチック粒子残留の可能性 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事