“海洋科学のすべてを変える技術” 環境DNAに期待 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

生物から剥がれたり、排出されたりしたものには、生物固有のDNAが含まれている。これを環境DNAと呼び、近年、海洋科学に環境DNA分析技術が応用され、成果を上げつつある。...

Twitterのコメント(14)

「魚を捕獲せずに、遺伝子の痕跡だけで種を特定」。魚は人と同様、皮膚などの細胞を水中に落としていて、平均24時間は遺伝子情報が残るので、採取しDB照会で種を特定。なんかすごいことしてる。→ 環境DNAに期待(ナショジオ)
わずかな量の淡水や海水から海洋生物の生息数を調べる新技術が注目されている
メローネ「見たところタバコを吸えるようだし今お酒もやってるな、ドラッグはやってるかい?麻 薬やってるならもっと君は最高にディ・モールト(非常に)いいんだがなああ」
| ナショナルジオグラフィック日本版サイト: 環境DNAサンプリング技術のおかげで、以前と比べ短期間でずっと容易に海洋生物を研究できるようになった。(PHOTOGRAPH BY NATURAL HISTORY COLLECTION/ALAMY STOCK PHOTO)…
「魚を捕獲せずに、遺伝子の痕跡だけで種を特定できるため、『環境的にも経済的にも大きな意味を持つ画期的な技術です』」
これはスゴイ!
『川や海でコップ1杯の水をすくい取ってその環境DNA(eDNA)を調べるだけで、つい最近そこにどんな魚がいたかが分かる。』
>おすすめ関連書籍
科学の迷信
世界をまどわせた思い込みの真相
なぜ、あっさり信じてしまうのか?
2年くらい前から流行りの環境DNA。ただ、調べる生物のフン、血液、体液、精液などのどれが元なのか詳しくは分かってないんだよなぁ
環境DNAに期待(ナショナル ジオグラフィック日本版)
こういう使い方ができるなら環境に配慮した対策とか応用できていいね。
面白い❗
川や海でコップ1杯の水をすくい取ってその環境DNA(eDNA)を調べるだけで、つい最近そこにどんな魚がいたかが分かる。以前なら種を特定するのに研究室で1カ月以上かけなければならなかったものが、新たな技術を用いれば3日以…
「環境DNA」(川や海でコップ1杯の水をすくい取れば、その場付近の生物情報が分かる)、環境調査の手法として重要だと思います。

| ナショジオ
わずかな量の淡水や海水から海洋生物の生息数を調べる新技術が注目されている
以上

記事本文: “海洋科学のすべてを変える技術” 環境DNAに期待 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事