母乳で子育てするクモ、初めて発見、中国 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

アジアの熱帯に広く生息しているクモが、子どもに母乳を与えて子育てをすることが最新の研究で明らかになった。ミルクのような液体を分泌して子に与えるクモが確認されたのは初。...

Twitterのコメント(31)

こういう蜘蛛ちゃんもいるし以外とえちえちな生き物なのだ
リンク先閲覧注意
はんちょ~さんに届け
「哺乳類のミルクは、当初は子に栄養を与えるために進化したわけではなく、母が子に抗体を与えて子の免疫系を活性化させるためか、カモノハシのミルクのように、卵を保湿するためと考えられている」
このクモ………このクモをキャラ化したい
あ、作中で言ってるミルクで子育てするクモってのはこれです、これ。ミルクといっても哺乳類のそれと全く同じものではないですが。
興味深い! 今朝の朝日新聞(科学面)で知りました。
記事の見出し見てすぐに彼岸島の邪鬼を想起した。>
@gigajojo 分泌されるのは腹部の胃外溝という部分ですね。成分は哺乳類のミルクに似ているものの、厳密に同じかどうかはまだ分からないとのことです。詳しい記事がNational Geographic に掲載されています↓
いきもの好き達の間で最近話題の「母乳で子育てするクモの存在が確認された」という発見。
このクモ達は、哺乳類が地球上に現れるよりずっと前から、この生き方を確立していたのか??
クモの魅力は無限大やなぁ〜〜
クモ愛が深まるばかり(^^)
哺乳類…?
動物も虫も、母はすごい。
"利己的な遺伝子"から見れば自分を溶かせて子供に与えることも子供が母親を食べて成長することも"あり"だろうね
えっちじゃん…
マジか...わけわからん...なんだかセクシーなクモの妖女を連想した.
「ミルク」で赤ちゃんを育てる蜘蛛
日本語ニュースもあった。流石のナショジオ。The Economistの記事とはまた違った部分に触れている記事です。
蜘蛛は結構熱心に子育てするのだが、ミルクすら与えるものまでいると言う
おとといのニュースでチラッと見て驚いたけど、ようやく長文の記事で詳細が分かりました。
両生類ならまだわかるけど、昆虫で、母乳? 「子グモが性的に成熟した後もまだミルクを飲み続けていた」。→母乳で子育てするクモ、初めて発見、中国(ナショジオ)
すごい。「シャーロットのおくりもの」をちょっと思い出した。少し話違うけど…→
「ミルクの定義を広くとらえて、子を養うための栄養分に富む物質のすべてをミルクと呼ぶなら、クモのミルクと考えてよいでしょう」と、米アイダホ大学の泌乳生理学者エイミー・スキビエル氏
子グモが性的に成熟した後も母乳を与える、しかもメスの子のみに、という点が趣深い。
行動や認知も進化する、収斂進化もする、というような話がありますが、ミルクを与えるというのも立派なこれの範疇なのかも?
ら:飲む?
岡:出ないだろっ
メスの子だけ成熟後も授乳と子育てを継続、サイエンス誌 ナショジオ
授乳する蜘蛛が発見されたそうです。
わぁ、これ面白い。 →
「ミルクの定義を広くとらえて、子を養うための栄養分に富む物質のすべてをミルクと呼ぶなら、クモのミルクと考えてよいでしょう」/
小学生の頃にスパイダーマンに憧れすぎて、クモの巣食べたら変身できるかもと思って実験してた時期があるんだよな実は…
以上

記事本文: 母乳で子育てするクモ、初めて発見、中国 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事