火星着陸へ、NASAの探査機インサイトを解説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

2018年5月に打ち上げられたNASAの無人探査機インサイトが、まもなく火星に着陸する予定だ。地震計を使って火星の内部構造を解明することが期待されている。...

Twitterのコメント(13)

どんなに資源節約しても限界来るし、他の星に住む準備は速やかに進めた方がいいな。
明日は早起きして
ライブ中継見よう!!!!
日本時間午前5時ごろ着陸予定
🛰🚀
火星の地震は火震? 着陸、成功するといいな。娘は火星や月のボーリング調査したいそうな。そんな時代も来るのかな?
(National Geo) ※日本時間27日午前
まもなく火星着陸、NASA の探査機インサイトは何をどうやって調べるのか?(ナショナル ジオグラフィック日本版から)
NASAの最新鋭探査機「インサイト」が11月27日に火星に着陸します。インサイトの目的は火星内部の活動を調査することで、超高精度の地震計などで地中深くのわずかな動きをもとらえます。火星の居住可能性の分析にもつながる貴重なデータが得られると期待されています。
地震を調べることで、火星の成り立ちと進化を解明へ
「いつの日か、火星の地震を地球人に知らせてくれるアプリが登場するかもしれない。火星で暮らす訓練をしている人々のために。」
火星探査機インサイトがもうすぐ着陸か。NASAは火星探査機よく送るなあ。
11月26日午後(日本時間27日午前)
個人的に注目中の火星探査機インサイト。従来の地表探査でなく惑星内部を洞察(インサイト)する初の試み。水素分子より軽い物質の振動を探知する地震計で地殻変動の履歴を探ったり、地下5mに電極ぶっさして地電流で火星を透視したり超テクの宝庫。成果に期待が持てます
11月27日に火星に着陸する予定の、超高感度の地震計を備えた無人探査機。「火星の地殻の厚さ、マントルが層をなしているのか否か、核の大きさ、核が液体か固体かを突き止められるだろう」とのこと。

| ナショジオ
火星着陸から2~3カ月後、インサイトは火星の表面に地震計を直接降ろす。その後、全てが順調なら、探査機と実験装置は惑星の鼓動や突発的な振動を記録していく。期間は地球の2年(火星の時間ではおよそ1年)にわたる予定。
以上

記事本文: 火星着陸へ、NASAの探査機インサイトを解説 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事