バイオプラスチックは環境に優しいって本当? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

従来のプラスチックの代替品として、バイオプラスチックの需要が増えているという。環境への負荷を本当に減らせるか? 専門家の意見を聞いた。...

Twitterのコメント(21)

海に流れ込めば分解されないため、通常のプラスティックのゴミと同じ環境汚染物質となります。
ちょっと前に『土に埋めると消えるプラスチック』ってのがあった気がするんだけど、今頃何してるかな…
下のAFPの記事の日本語版を探しに行ったんだが、むしろこっちの方が関連性ありそうな。
「堆肥化には、バイオプラスチックを十分高温にして、微生物が分解できるようにする必要がある」「堆肥化処理場はまったく足りておらず(…)」/
高温加熱せず土に埋めても短期間で分解されない。海へ流れ込んでも分解せずマイクロプラと同じ結果に。「結局はそれを使う人間次第」。→バイオプラスチックは環境に優しいって本当?(ナショジオ)
生分解性プラスチックと言っても、一定以上までの分解なんだっけか、確か。 / "111900500"
PLAどころか天然素材でも環境にやさしくない。大量消費で環境破壊なわけで。今のプラスチックを大事に使い環境に放出しないで廃棄、が王道でしょう。:
バイオプラスチックは環境に優しいって本当?プラスチック代替品としての潜在能力を専門家に聞いた(ナショナルジオグラフィック)炭素排出削減には有効そうだが、海へ流れ込んでも分解しない
プラスチックの代替品として、「バイオプラスチック」が注目されている。 頭に「バイオ」と付くと地球に優しい製品のようだが、果たしてバイオプラスチックは環境問題に有効なのか? 石油由来のプラスチックと同じように便利に…
バイオプラでも適切な処理がされなかったら(そのまま海に流れたら)従来のプラスチックと変わらない。
「結局はそれを使う人間次第」に激しく同意。これは何においても同じことが言える。
使い方次第では従来のプラスチックと何ら変わりないもの、だそうです
「やった気」になるだけでは何も変わらないのです
バイオプラスチックも海洋分解性では無いですよと言うお話。ごみはゴミ箱へ!
PLAはバイオプラスチックですが、流出しても海では生分解が起きません
バイオプラスチックは環境に優しいって本当 | ナショナルジオグラフィック日本版サ&
バイオプラスチックは環境に優しいって本当?(ナショナル ジオグラフィック日本版)昔ボールペンを持っていたが年月の経過と共に劣化し触っただけで折れてしまいぎゅっと握ったらぼろぼろ崩れ内部のスプリングと芯以外は粉になったよ。
<結局同じプラスティックス製品ですからね。ただ、たい肥化ができるのであればそのプラントを作るなど環境流出を防ぐ手段を整えることも人類の叡智?としてあるかと思います^^>
| ナショナルジオグラフィック日本版

バイオベースプラスチックが石油由来のプラスチックに比べて本当に環境に良いのかという問いには、「多くの『たられば』に基づいており、大きな疑問が残ります」
| ナショナルジオグラフィック 科学者やメーカー、環境の専門家が口をそろえて言うのが、バイオプラスチックの利点は、多くの「たられば」の上に成り立つものであり、一概に有効とは言えないということだ。
現段階ではまだまだってことかしらん
「PLAはバイオプラスチックですが、流出しても海では生分解が起きません」「石油由来プラスチックとなんら変わりません。処理場で堆肥化できますが、もし町に処理場がなければ、なんの意味もないのです」
ある意味、本当。ある意味、大嘘。
以上

記事本文: バイオプラスチックは環境に優しいって本当? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事