約150年間のクジラのストレス度、耳垢で解明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

クジラの耳垢に含まれるストレスホルモンの濃度を研究者たちが分析したところ、捕鯨や戦争など、人間の活動がクジラにどのようなストレスを与えてきたかが明らかになった。...

Twitterのコメント(24)

興味でたので検索したらクジラの耳垢画像結構あるなー。でかいよホント。:
色んなモノが研究の対象になるんやねぇ🤔🤔
[海水温の上昇とともにコルチゾール濃度が急速に上昇しているのだ。これは、気候変動もクジラのストレスになっていることを示唆する]
先日のニュースが日本語で。
「さらなる研究が必要だ。温度との相関は、わずか6頭のクジラの耳垢栓の分析結果にもとづくものだからだ」サンプルサイズを大きくするのが大変そうだな/
約150年間のヒゲクジラのストレス度、耳垢で調査した記事。ヒゲクジラの年齢を調べるために耳垢を使用することは知られていますが、ストレスホルモンを抽出するとは!!(◎_◎;)
"クジラの耳垢栓は長さ50cm以上、重さ約1kgにもなり、クジラの生涯にわたる健康状態やクジラが生きてきた環境に関する情報を豊富に含んでいる。" | ナショナルジオグラフィック日本版
捕鯨活動とクジラのストレス度に相関関係あり
捕鯨のほか、戦争や地球温暖化もストレスに、研究
「クジラの耳の穴はふさがっているため、耳垢は生涯溜まりつづける。世界の博物館の管理者たちは、100年以上の間、死んだクジラから巨大な耳垢栓(耳垢の固まり)を収集してきた」
耳垢でストレス度がわかれば、
会社のストレステストも
客観的にできそうですね。
耳垢でっていうのが面白い。そして、人類活動がクジラにストレスを与えているようだ。
こりゃまた 凄い研究だな…
ら:ねー、ねー
岡:やだっ
長さ50センチにもなるクジラの耳垢は、クジラの生涯にわたる健康状態や、生活環境に関する情報を豊富に含んでいます。研究チームは過去100年以上にわたって世界中の博物館に保管されてきた耳垢から、クジラに戦争や捕鯨がストレスを与え続けてきたことを証明しました。
@TokyoZooNet_PR
1キロの耳垢!?Σ( ̄□ ̄;)↓
…クジラの耳の穴はふさがっているため、耳垢は生涯溜まりつづける。世界の博物館の管理者たちは、100年以上の間、死んだクジラから巨大な耳垢栓(耳垢の固まり)を収集してきた。 こうして保管されてきた耳垢栓のおかげで、科学…
「捕鯨や戦争から気候変動まで、私たちの活動はクジラに影響を及ぼし続けているという。」
捕鯨、戦争、地球温暖化…
クジラのストレス、人間のせいだね(つд⊂)
捕鯨のほか、戦争や地球温暖化もストレスに、研究|ナショナルジオグラフィック日本版サイト
なるほど…メモメモ…
@NatGeo @NatGeoMagJP

このデータは、乱獲と、持続可能な捕鯨(適度な捕鯨)との差を気にしてない。

シャチのいる海と、いない海の差も気にしてない。

示威的では?

抑々データが少ない。

約150年間のクジラのストレス度、耳垢で解明:
耳垢中のストレスホルモン濃度を測るそうです。
 ナショジオ
捕鯨のほか、戦争や地球温暖化もストレスに、研究
以上

記事本文: 約150年間のクジラのストレス度、耳垢で解明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事