従順か攻撃的かの遺伝子特定か、ペットのキツネで | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ソ連時代から続く、交配によって従順なキツネと攻撃的なキツネを作る実験から、社会的行動と家畜化に関する驚きの事実が判明した。...

Twitterのコメント(22)

人間においても性格や資質に関する生物的な因子があるんだろうと思うと、なんか不思議な感じがする。
ベリャーエフの小狐たちの遺伝子特定ここまで進んだか
あとで読む 仕事してくる
数千年の歴史を数十年で再現…
> 友好的か攻撃的かという行動の変化…SorCS1と呼ばれる遺伝子がおそらく鍵であると特定…「この遺伝子は、…自閉症やアルツハイマー病と関連があることで知られ…」とクケコヴァ氏は言う…
この記事は色々興味深いな。
60年かけて人に従順になるよう交配し続けたキツネから、性格に影響してるゲノム領域をある程度特定できたと…おそロシア…しかもそれ人間にも共通してる部分があると…つまり…次は…(この先は怖くて言えない
鳴き声が犬に似てくるらしい。:
旧ソ連で行われた研究で、従順なキツネを代々交配させると犬と似た性質になる事が知られていた。その研究で作られたキツネのDNAを調べたところ103か所の違いがあると判明した。
ロシア科学アカデミーの研究だっけ。人間の親和欲求はなんだろう
おお!キツネのペット化に成功したあの研究所か。ノックアウト遺伝子見つけたの
自閉症やアルツハイマー病とも関連、ソ連時代から続く家畜化研究
[従順か攻撃的かの遺伝子特定か、ペットのキツネで|ナショジオ "ロシアで行われてきたキツネの交配実験では/品種改良によって/従順なキツネが生み出されている" ] ハチワレのギンギツネ,狐とは思えぬw
従順か攻撃的か
これは、、!
心的傾向が肉体的傾向を発現させるという、遺伝子レベルでの証明になり得ますな
銀キツネがボーダーコリー柄になるやつよね。
昔、日本のテレビで見たカナダ人から論文見たいと言われて探すのにものすごく苦労した記憶が…原文ロシア語筆者名もロシア語で。。
「巻いた尾、たれ耳、小さな頭骨など、家畜化された動物に共通する体の特徴」というあたり、獣人キャラをデザインするときに活用できそう。同じワンコでも大人しめのキャラならタレ耳巻尾とか。>
| ナショナルジオグラフィック日本版
白猫で気が強いやついるから、猫は該当しないのk
そーいや、黒犬ってあんまり見ないなー( ´_ゝ`)
従順か攻撃的かの遺伝子特定か、ペットのキツネで ナショジオ
模様がついたキツネ可愛いな /
以上

記事本文: 従順か攻撃的かの遺伝子特定か、ペットのキツネで | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事