TOP > 科学・学問 > 餓死寸前のホッキョクグマ、胸張り裂ける動画 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

餓死寸前のホッキョクグマ、胸張り裂ける動画 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

カナダ北部で、飢えてやせ細ったホッキョクグマの映像が撮影された。「私たちは泣きながらその場に立ち尽くしました」と写真家は言う。

ツイッターのコメント(120)

2017年の映像だが、、
私達は全ての生き物と共存しているのに、、
温暖化は加速している、
いろいろと考えて行動しないと人間も近い将来、😓
もう二度と地球の資源を無駄にしないと誓った…………こんなしょぼくれたホッキョクグマ見たことなかった…………ごめんね………
こういうのを夏になる前や、冬になる前にみると冷暖房節約意識がでるやろ?
脱化石燃料とか言ってたりしてるけど、そうじゃなくて生活水準をさげるように意識つけるべきなんだよ
3年前の記事ですが……😢
氷が溶け続けると いずれは我々にも同じようなことが
来るのかもしれない
古い記事より。
異常が差し迫っている。。。
世界が力を合わせて助けられないのだろうか⁉︎涙
なにもする術はないのでしょうか?
これまでもこうやっていくつもの種が絶滅してきている
環境変化に対応できないからでは片づけられない
いずれ人類も絶滅するときはこうなる
こんな現状もあるみたいだ😎

地球温暖化に直面してる
我々が常に
考えていかなければならない
問題だな😔
こんなヒョロヒョロになっちゃうの・・・?  #温暖化
これ本当に辛い。
PUBGには関係ない事だけど私達がゲームしてる間に人間のせいで犠牲になってる生き物が居る
絵なんて、めんどうくさくて、だるくてさ。
でも、アンパンマンにいつかビーム音立てたくなったりするかもしれないから、寝たきりでも死ぬな!音楽を志せ!
目が見えなくても、耳が聞こえなくても!
最後笑いにもっとけよ!最後までやってやれってー!

なにこれ もう寝るww
@momi_man2 やっぱりクマはおんなじ風に痩せるんですね>
@Sankei_news 本件に批判的な反応が多くて驚く。確かに語気は強いかもしれないが憤りは最もだと思う。
北極熊の写真を見たら危機感をもたずにはいられないよね。これからの世代が可哀想だ。
時々、動物園にいる動物たちを見て切なくなることもあるのだけど、こういう現実を知ると野生のシロクマよりも幸せなのかもしれないなって思う。環境破壊の問題はもう手遅れかもしれない。。【餓死寸前のホッキョクグマ、胸張り裂ける動画】ナショナルジオグラフィック
え、私まだお腹すいてない()
EARTHを観た時も同じこと思った。
いつだって何も悪くない動物達が犠牲になる。人間の欲望のために
昔は北極熊というと可愛い熊の親子を思い出されたものだけど、最近はこういう餓死寸前の骨と皮ばかりの熊を彷彿とさせる。つ、つらい。。
昔は北極熊というと可愛い熊の親子を思い出されたものだけど、最近はこういう餓死寸前の骨と皮ばかりの熊を彷彿とさせる。つ、つらい。。
ホッキョクグマは温暖化で餓死して絶滅してしまうという話
今日は世界ホッキョクグマの日なのね。地球温暖化による気温上昇で北極の氷は溶けて減少。その温暖化の原因は人間による温室効果ガスの増加であること。何とも言えない複雑な気持ち…。
北極熊の状況を見て

地球上では同居しているのだからと
毎月寄附する事にしました❣️
@nGBW8hmqYlXvTM9 北海道よ、、例年通りなら、今頃大雪で雪かきに追われる日々なんだけど…(´-`).。o0

シロクマが痩せたのはね、ニュースでやってた!検索するとこんな感じ
絶対人間が手を差し出してはいけない。
原因が例え人間による環境破壊であっても。
どうにも出来ないもどかしさで悲しくなる
全ては、人間達が地球を壊したせいです。
流石に泣いた
餓死寸前のホッキョクグマ ナショナルジオグラフィック
命の重さを天秤にかけてみる? その答えは??
地球上のどの生き物にとっても”飢え”というのは辛い(T_T)→
これ、人間がする行いの間違いからこうなる場合も、あるだろうな。\(__)
温暖化の影響のため、絶滅するだろうと言われている。
温暖化は明らかに人災。
ツイートするけどわたしは絶対見れない👈
読んで見て泣いた
パンダはほんとに可愛いけど、同じ熊でも大変なことになってる種は他にもいる。忘れちゃいけないのだ、人の所業を…
カナダ北部でやせ細った北極くまの姿です。
温暖化で氷がない為に餌が取りにくい為と言われてます。
何とかしてあげたい気持ちとたとえニンゲンが関与していたとしても自然淘汰なのかと思う悲しみ
切ないけど人間のせいなんだよなあ。
私たち人間のせいで・・。
なにもしてあげられない人類。餓死ほど残酷なものはない。
もっと見る (残り約70件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR