TOP > 科学・学問 > カモのペニス、ライバルがいると長くなると判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

カモのペニス、ライバルがいると長くなると判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

一部のカモでは社会環境によってペニスの大きさや発達するタイミングが変わるという論文が発表された。

ツイッターのコメント(44)

1年前くらいに面白い記事があった
@abocoo_jm @kuuchan072 横から失礼します…ちん…がある鳥類は全体の3%にとどまるそうですよ
@Z7ZX001 ファッションリーダーに朗報!とんでもない記事がTLに流れて来ましたよ 笑
僕もライバルと切磋琢磨したいなぁ
( ・ω・)…

ワイのも伸びねえかな…( ・ω・)…いやライバルがいない…
カモじゃなくて良かった…
てかアカオタテガモめっちゃ可愛いんだけど
螺旋状になってるのが面白い。
通りでライバルの少ない俺のは小さい事がこれで判明したか?大きけりゃいいってもんじゃない(言い訳じゃなかった)か?笑笑
ナショジオの記事読んでたら「カモのペニス、ライバルがいると長くなると判明」なんてものを見つけて笑ってしまった
ライバル探さなきゃ!w
恋のライバルが必要なたったひとつの理由
発達が遅れる種も、社会環境が生殖器の成長に影響する珍しい例
>かれこれ10年以上にわたり、こうしてカモに生殖器を出させ続けている
<カモがこのようなことができるのは、生殖器を毎年再発達させるという特殊な能力を持つからだ>
あいつら毎年ペニスを成長させ直していたのか。
同人誌かよ。 =>
わはは。いずこかの星にいる人という生き物とそっくり。
実験時のカモへのコメントでなんか笑ってしまって悔しい…
カモのペニスの形状まじでやべーな/
[ナショナルジオグラフィック]

ふむ
ペにセスト!
男子高校生に告ぐ。
修学旅行でちんちん見せ合うのは、将来のためになるかもしれないゾ(ナニ
すごい(すごい) /
発達が遅れる種も、社会環境が生殖器の成長に影響する珍しい例

螺旋状なのか。
まるでドリルだな。
ライバルって大事!→
毎年ペニスが新たに形成され、社会環境によってペニスの長さが変わる、と…。 /
原著論文はこれ:Evidence of phenotypic plasticity of penis morphology and delayed reproductive maturation in response to ma…
“どこを押せばいいかわかっていれば、ペニスを飛び出させることができます””彼らはとても協力的です。””ブレナン氏は、かれこれ10年以上にわたり、こうしてカモに生殖器を出させ続けている。” / “カモのペニス、ライバルがいると長く…”
>>マウント・ホリヨーク大学に所属するブレナン氏は、かれこれ10年以上にわたり、こうしてカモに生殖器を出させ続けている。
来年のイグノーベル賞への戦いはもう始まっている! /
ライバルの総排泄孔を穿つための進化ではないの? /
螺旋状ペニスすげぇ… /
ドリチン / (125 users)
人間に当てはまるとすると、男子校とかガテン系の職場の男性は巨根。:
アフィサイトみたいな煽りw「次ページ:アカオタテガモのらせん状のペニスの写真も」 /
おもしろいなー

“カモがこのようなことができるのは、生殖器を毎年再発達させるという特殊な能力を持つ”
“「ペニスが必要ないときは、おそらく発達させないのでしょう」”
金曜の夜、皆さんはいかがお過ごしですか?
カモのペニス、毎年生え変わるというからもげてるものだと思ってた。もげてるんじゃなくて縮退と成長を繰り返すのか /
: アカオタテガモ(Oxyura jamaicensis)のオスは、体の長さに匹敵する巨大なペニスを持っている。(PHOTOGRAPH BY…
“彼らはとても協力的です。ここにいるオスたちはもう慣れていますから” なんかふふふってなった /
螺旋をえがくペニスを初めて見た /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR