離島にグッピーなぜ?遺伝子を調べてみた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

ブラジル本土から300キロ離れた島に淡水グッピーが生息しているのはなぜか?遺伝子から推定した。...

Twitterのコメント(19)

グッピーは蚊の発生を抑制する手段として、80カ国以上に持ち込まれている。、蚊の幼虫を食べてくれるという理由で、しばしば貯水池に放たれ、水族館で利用されることもある。
「ただし、蚊の抑制にどれくらい役立つかはわからない
南米大陸から300km離れた離島に淡水魚のグッピーが渡ってきた?

離島にグッピーのなぜ?ちょっと面白かった^^
こういう研究したいな( ゚Д゚)
ジョークだとは理解しつつ、ボウフラとグッピーの生息地が重なっていなければそれはカも減らないだろうと……
グピオかとオモタw
| ナショジオ日本版
アメ公はどこのメーカーのコピー機もゼロックスと呼ぶようにポエキリア属の魚はなんでもグッピーなんだろうか:
はえ~ 南米の離島にどうしてかグッピーがいて、米軍が蚊の対策に放流したものの可能性がある、と

離島にグッピーなぜ?遺伝子を調べてみた(ナショナル ジオグラフィック日本版
日本のカダヤシと同じ軌跡を辿ってる?
ブラジル本土から300キロ離れた島に淡水魚が渡ってきた理由
あぁ、人でしょ 沖縄のも小田原のも東京湾のもそうだし…
グッピーわしも飼っています
水槽掃除して次はグッピー飼おうかなぁ
今アカヒレ一匹しかいないから
興味深く読んだw
離島にグッピーなぜ?遺伝子を調べてみたブラジル本土から300キロ離れた島に淡水魚が渡ってきた理由 ナショジオ
小さな淡水魚がどうやって海を渡ったのか? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
"フェルナンド・デ・ノローニャ諸島には米軍基地があった。バーベル・フィルホ氏は米軍の報告書を調べ、蚊対策のためにグッピーを送ってほしいという記述を2つ見つけた"
書類が残っていて良かったなあ。
ナショナルジオグラフィック🚀
ブラジル本土から300キロ離れた島に淡水魚が渡ってきた理由
以上

記事本文: 離島にグッピーなぜ?遺伝子を調べてみた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

関連記事