TOP > 科学・学問 > 事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

原発事故後、人の姿が消えた立入禁止区域に野生動物が増えている。人間の脅威がなくなった点が指摘されているが、放射能の影響については議論が割れている。...

ツイッターのコメント(141)

2016年の記事だけど、とても印象的だった。【
生態系を調査、放射能よりも人間の存在が影響大 】 

人間が居なくなって動物の世界が広がっていたチェルノブイリ。森が火事になって、動物達は無事だろうか。
@BlueEggTweet @sasakitoshinao まったく心配ないとは言わないまでも焦土化と言えるほどの被害も無いわけで、今になって持ち出してくる意味が分からない。
@mikonebosuke これですね。
結局のところ人間以外の動物にとって、一番の「面倒」は人間なんですね🌎
@mitsumaru_shiba チェルノブイリも動物の楽園になっていたでござる。
@full_frontal @cnn_co_jp チェルノブイリと同様なことになっていますね。
ソースはナショジオ
チェルノブイリでも同様の傾向が確認されている

>人間がいなくなったことが、放射能による潜在的影響を相殺してはるかにあまりある効果をもたらしているのでしょう」と指摘する。
@ts555ll 自然が失われたっていうのも人間目線の話なんだろうな〜と。
「人間の存在の方が、放射能よりも動物たちには悪影響」
それとこれは興味深い
@May_Roma そそ、チェルノブイリは森になっているそうです。ちょっと古い記事ですが。
@nhk_bknews
色々考えさせられますね〜〜
" 要するに、人間の存在の方が、放射能よりも動物たちには悪影響だということだ。"
野生動物にとって人間の方が放射線より有害
狼の個体密度はイエローストーンを上回る
何かの本でも同じ話を読んだけど、チェルノブイリの廃墟に希少動物が繁殖してるとか。やけに記憶に残ってる。


結局、人間は産業だの戦争だので力を誇示するけど、大自然にとっては、くだらない微小なざわめきでしかない。

それでも、人間には人間なりの流儀がある。
この記事を連想した。
@komezou @tamanyo @kikumaco しかも、チェルノブイリ周辺が動物の楽園になってる。
影響が無い訳では無いが、そこまで怖がる理由は何だろうか?


生態系を調査、放射能よりも人間の存在が影響大
捕食者であるオオカミがいるってことは生物の生態系が保たれてるってことらしいよ 放射線より人間の方が害なんですよ。
過去記事だけど人間が最凶の生態系破壊者なんだって自覚もっと持つべき。「絶滅危惧種守るために外来種を非人道的手段総動員で撲滅するべし」論者見るたび思う。
抜粋:深刻な突然変異が起こったのは事故直後のみである。
チェルノブイリは動物の楽園になっているのにあわれです
生命力を信じましょう
気になって記事を漁ってみたらこんな物が
やっぱり放射線で困るの人間だけでは
波の谷間に命の花がーっ
2つ並んで咲いているーっ
人間が地球から去れば
地球は再び楽園になる
人間は地球のガンみたいな存在

共存出来たら永らえられる
共に消えるまではね
どーやって共存が出来るのか
真実の繁栄と幸福は?
諸行無常の響き
放射能による動物への影響はあるにせよ、生態系にそう大きく影響されてはいないんだな。事故直後はやはり大きいが、30年も経つと人が一切踏み入れないから自然化が大きい。
事故から30年・・・チェルノブイリの立ち入り禁止区域には動物達が普通に生息しています。
だから長生きしているように見えます。そもそも動物は放射能があるから逃げ出していたのではなく、人が少なくなった地域だから集まってきただけです。彼らにとって、人間ほど危険なものはないのですから。
そうでなくても、自然界にとって人間の存在は放射能よりも遙かに有害なのよ。
生態系を調査、放射能よりも人間の存在が影響大
@toukaiyotarou @SamezuHanako チェルノブイリでも似たようなことが言われましたが
現在のチェルノブイリは自然の宝庫と言われ
人が放棄した街が自然に還ると言う社会実験の検証に使われています
@InatomoDol チェルノブイリって今、動物の楽園になってるんですけど。
放射能より人間の存在の方が動物たちには悪影響を及ぼし、人間が消えれば速やかに自然が戻ってくる。これはある種の人々に知られると非常に困る不都合な真実ではないのか。
"放射能より人間の存在が悪影響"
正論過ぎる。

「事故から30年、チェルノブイリが動物の楽園に」
サイクル サイクル リサイクル(^-^)
2016年4月の記事。ふとチェルノブイリってどうなってるんだろうと思って調べたら出てきた。→
なんかとんでもないわこの番組。オオカミは行動範囲が広いから放射能から免れているって?世界中に降り注いだって知らないのか?
現代人はいろいろ考えないといけないでしょうね。植物の楽園にもなっているようです。
→ 事故から30年、が動物の楽園に。生態系を調査、放射能よりも人間の存在が影響大。2016.04.26
人がすめなくなって動物が栄えるってのが面白いな
チェルノブイリの立ち入り禁止区内が動物の楽園に。
なんでもすぐに信じてはいけないかも知れないけれど結局人間が一番の害悪。チェルノブイリの例はあくまで一つにしか過ぎない。命に感謝するだけでもっと住みやすくなれると思う
人間がいなくなって楽園か…
たしかサッカースタジアムが雑草生い茂る草原ではなく、完全に森になっているらしい。
| ナショナルジオグラフィック
放射能より人間の方が動物には有害だなんて、何たる皮肉。
原発反対の「人間」の皆さんに聞かせてやりたい。
福島の風評被害を垂れ流してる,愚かな放射脳のパヨク連中が目を背ける事実。
@KazuhiroSoda こんにちは。以前読んだチェルノブイリの記事を思い出しました。
人間は放射能より危ないし、ヒジキはタバコより危ないのだから健康とか気にせず楽しく生きるべき
@ren_giabbit  記事あったんで読んでみた。放射能の危険性よりも人間がいないことのメリットの方がでかいって言うのも、色々と考えさせられる。福島でもイノシシやらネズミの活動が活発になってるって番組少し前にやってたけど。
やはり人間が最大の害か…
もっと見る (残り約91件)
 

いま話題のニュース

PR