TOP > 科学・学問 > 「孔雀グモ」、派手な求愛は命がけの進化の産物 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「孔雀グモ」、派手な求愛は命がけの進化の産物 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

オーストラリアの「孔雀グモ」のカラフルな見た目と派手な求愛ダンスがメスの選り好みによって進化し、魅力のないオスをメスが食べてしまうことも明らかになった。...

ツイッターのコメント(37)

オスと交尾をしたことのないメスからなるペアを64組作った。そして、カズモビッチ氏が言うところの「求愛競技場」にそれぞれのペアを閉じ込めた。この競技場の床はストッキング張りで、周囲はカメラに囲まれている。
ハードコア占いの読んでピーコックスパイダーがわからなかったのでググった。
男って必死なのね…。
 ていうか、ただ✕✕したいだけじゃないの!
 蜘蛛の中には✕✕の後♀️の大事な部分を意図的に傷つける奴もいるとか。😱 更には糸で♀の体を縛って強引にする奴も…それ犯罪じゃないの!ばかっ!
わりとこたさんの言っていた通り(さぁ、メスの好みだろ)だった。
@fuwanano  あった(ナショジオ)
>「気に入らないオスを食べてしまうメスもいます」とカズモビッチ氏。
>「メスの好みに合わなければ、オスは子孫を残せないだけでなく、命を奪われるおそれがあるからです」
ピーコックスパイダー(Maratus volans)は5mm弱の体格で、これだけの複雑な求愛ダンスをしてるんだね…凄い。>
魅力のないオスがメスの養分になるのは人間でも一緒だな!
孔雀グモも、いいよね!(聞いてない)日本じゃ見られないのがざんねん→
踊って理解動画控え目に言って最高なんだけど結局「メスの評価基準は求愛ダンスより見た目」って書いてあって悲しいなあ…
華美な姿に秘められた決死の繁殖戦略。涙ぐましいでは言い尽くせない苦労が。
蜘蛛は嫌いだが、可愛すぎる。命がけの求愛ダンス…萌える♪
マリー・ハーバースタイン氏によると、「メスたちが色鮮やかで複雑な求愛行動をするオスをつがい相手として好んだ結果、茶目っ気たっぷりのオスが進化してきた」ことを明確に示した
カワイイ……。
ピーコック・スパイダー(孔雀グモ)の求愛行動、可愛すぎる!クモを嫌いな人(ウチの娘とか)も、これを見たら好きになるかも。
昆虫界の孔雀かあ、メスが何故派手さを求めるのか?なんてナンセンスなことを言ってるなぁ、進化に意味とか何故はない、結果として繁栄があるだけ
「へんな生きざま」でもご紹介した、踊る蜘蛛ことピーコックスパイダー。派手衣裳とキュートなダンスの芸達者だが、ひとつまちがえばメスに食い殺される。それでも彼らは踊りをやめられない。私が造物主だったら、彼らをこの業から解き放ってやりたい。
孔雀が電車に飛び込んだの想像した奴は手を上げろ -
「孔雀グモ」派手な求愛は命がけの進化の産物
孔雀グモのオスは、動物界で並ぶものがないほど華やかな歌とダンスのショーで知られる。だが彼らのショーの主な聴衆メスは、簡単には努力を認めてくれないばかりか、魅力ないオスを食べることも判明。
この蜘蛛なかなか面白い。色んな動きするの。
でも私は、外で大きい巣網を張る蜘蛛が好き。蜘蛛の巣が好きなのかも?ずっと見てても飽きないなぁ。雨上がりは特にキラキラして綺麗。
蜘蛛にも蜘蛛の巣にも触れ...
"メスの選択でオスが進化し、魅力ないオスをメスが食べることも判明"/
・64組のカップルのうち、メスがオスのダンスを気 に入ったのは16組
・見た目がダンスの約2倍も重要であることが明らかに
・メスの好みに合わなければ、命を奪われる
“ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト” ・節足動物
必死過ぎて笑える。(; ゚∀゚) あたしもこれくらいするべきかしら~?
メスは強いなあ
メスで良かった~~~~~~~~
巻島さん…
Good-vibration に失敗して Bad-vibration と判定されると、オスはこの世から Good-bye な運命…
メスの選択でオスが進化し、魅力ないオスをメスが食べることも判明
そらもう兄さん必死ですわ。
- ナショナル ジオグラフィック日本版
蜘蛛の世界も見た目が大事…(´・ω・`)
なんかオーバーマンみたいでかっこいいな。
気に入らないオスを食べてしまう…だと? 人間とは真逆(笑)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR