TOP > エンタメ > 映画芸術が2020年のベスト&ワースト10発表、ベスト1は「れいこいるか」 - 映画ナタリー

映画芸術が2020年のベスト&ワースト10発表、ベスト1は「れいこいるか」 - 映画ナタリー

映画芸術が「2020年日本映画ベストテン&ワーストテン」を発表。最新号となる474号が1月29日に発売される。

ツイッターのコメント(84)

ふと読んだ映画芸術の邦画ベスト&ワーストが、まさにそれ。納得できるランキング。
この順位面白いですね。
観た人・選ぶ人の考えなどで決まるので、これはこれでいいと思います😁
本気のしるし劇場版はベスト4!!
ワーストの件、期待しすぎたから期待外れだったってことじゃないかなー
もっと酷いやつあったじゃない
私はミニシアター系の日本映画をよく観る人では全くありません。阪神淡路大震災の経験者として興味があって観ただけですが、1位は凄い。ワーストに挙げた人の理由も知りたいのだが。いちこが嫌い?
2020年の邦画マイベスト、新規上映では【ある殺人、落葉のころに】【ロストベイベーロスト】の2トップ。
次いで【劇場版ごん】

映画芸術が2020年のベスト&ワースト10発表/

日本アカデミー賞優秀賞をほぼ独占の作品たち、映画芸術では仲良くワースト入り。
日本アカデミー賞と真逆の結果
日本アカデミー賞の基準ってなんなん?
映画芸術が「2020年日本映画ベストテン&ワーストテン」を発表。
同率10位に 🏆
映像研どこかで選ばれたのかな。
映画芸術の、このワースト3(スパイの妻、罪の声、ミッドナイトスワン)も相変わらず「なんだかなぁ」と思ってしまう。

てか、もっと良い映画も沢山あったよ。『タイトル、拒絶』とかさ。
大手配給大っ嫌いなんです!!単館系ミニシアター系作品が好きなんです!!!!!って心の声が漏れすぎワロタ。
映画芸術「スパイの妻」がワースト1とか、思想の偏りぶりが相変わらずで笑った。映画として何処がワーストなのか説明して欲しい。
素晴らしい!確かに納得。「れいこいるか」はいい作品でした✨
映画芸術のワースト黒沢清か。海外の映画祭で賞とったりしたら途端にヘソ曲げちゃうこの感じ。「おかえり寅さん」とかわざわざ見に行ってワーストランキングに入れるのも意味わからんな〜
スパイの妻とミッドナイトスワンで、信頼できる~
と真逆みたいな結果が気になりすぎて評価を読みた過ぎる
恋するけだものってこういうベストに選ばれるような映画だったのか
れいこいるか観てないな〜
なんか独特のランキングだな…
ワースト1位に『スパイの妻』ってのがすごく映画芸術らしい!
映画芸術のワースト、
1、スパイの妻
2、罪の声
3、ミッドナイトスワン
て、こんな面白い映画がワーストなら日本映画の未来は明るいな…

ベストは観てないのも多いけど、割と納得できるものでした。恋するけだもの、北海道で公開されるのめっちゃ待ってるんですが!
「スパイの妻」がワースト。確かに、蒼井優の演技はスクリーンに収まらない舞台向きなものだったし(個人的には好き)、壮大過ぎて2時間じゃ描ききれてなかった。でもワーストとは…。選評が読みたい。→
今一つ立ち位置の曖昧な
それでいて玄人受けもしてるわけではない季刊雑誌のベスト10 ワースト10

ワーストのスパイの妻は、まあワーストというよりおもんなかった。
映画芸術のワーストが『スパイの妻』とはある意味納得。実に荒井晴彦らしいチョイス。逆にこんな雑誌の2位の『37セカンズ』が気の毒。本当に素晴らしい映画なので。
>ワーストテンの1位は、黒沢清が第77回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝いた「スパイの妻(劇場版)」。

え・・・・・???
…ランキングの是非とか以前に、1位作品のリバイバル上映をUPLINKでやる神経を疑う。

わざわざ?
あら映画芸術が選んだ2020年の映画ベスト10に「空に住む」が入ってる(10位)。「アルプススタンドのはしの方」は私も大好きだったけどこのラインナップなら「のぼる小寺さん」も入れて欲しかったな。
映画芸術のベスト&ワースト10、予想の範疇のワースト10だけどなんで100%入りそうな『鬼滅の刃 無限列車編』がワーストに入ってないんだろう?よく考えたら16年に『この世界の片隅に』が1位になったのを受けて17年からアニメは対象外になってたんだよねー。忘れてた。
私もそう思う🐳
いやぁ、痺れまねぇ。
プロデューサーの川本さん、おめでとう!
#れいこいるか

池袋で『ネズラ1964』を観た後話した通りになってきたね。

それにしても、ワーストワンがあの映画祭で賞を獲った作品になるとは…
……『映画芸術』は、ワーストに選ばれた方が名誉だからな(笑)
お、荒井晴彦御大の独断と偏見に満ちたベストワースト発表されとるやん。◆
ベスト&ワースト、ともに神戸から。
「映画芸術が2020年のベスト&ワースト10発表、ベスト1は「れいこいるか」」
最近、
日本映画って
見ていないな〜w

その少ない
僕の見た日本映画の
ほとんどがワースト10なのは
少し納得!!
ワースト1が『スパイの妻』って第77回ベネチア国際映画祭銀獅子賞の最優秀監督賞受賞映画。国内の評価は低いという事なんだ。ワースト10に入っている映画、観たい映画が列挙されてるなーって。
ベスト1位とワースト10位が同じ映画ってランキングになんの意味が/
やはり(笑) ワースト1,2は『スパイの妻』『罪の声』。ベストのほうでトップ5入りの『ミセスノイズィ』は大健闘。
映画芸術らしいですね😅
が2020年のベスト&ワースト10発表、ベスト1は「れいこいるか」

ベスト10に「」!
ワースト1が「」というのも映画芸術らしい。
愛の裏返し?「他で大きな賞を獲得してる作品だからウチでワーストにしても傷つかないだろう」ってか。
相変わらずアニメは無いんですね。ところで「鬼滅の刃」のおかげで映画館大分助かりましたけど、その件についてはガン無視ですかそうですか。
映画芸術の2020年のベストテンとワーストテンが発表されました。
異存もある選出(特にワーストテン)ですが、映画芸術らしい選出ではありますね。
何が映画秘宝だ、男なら映画芸術を読め。
ベストとワースト、そのまま入れ替えても納得するんちゃう?→
もう夕方からひほうひほうで落ち着かなかったよ。
>ワーストワンは私も同じ。あれはドラマで終わっとくか舞台ならよかったと思う。
相変わらず芸のないラインナップ。全然観てませんけど。
個人的に昨年の新作邦画は豊作だったな。約40本で不満だった作品は2本しかなかった。
『れいこいるか』はソフト化は知らないけど5年後10年後も継続して上映してほしいし、全国民に見てほしい。
ベスト1もワースト1も神戸が舞台の映画!そして「私をくいとめて」がベスト10にランクインしてる!
スパイの妻がワーストでした……。
もっと見る (残り約34件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR