TOP > エンタメ > 「惡の華」が監督・井口昇×脚本・岡田麿里で実写映画化、押見修造が監督を逆指名(コメントあり) - 映画ナタリー

「惡の華」が監督・井口昇×脚本・岡田麿里で実写映画化、押見修造が監督を逆指名(コメントあり) - 映画ナタリー

13コメント 登録日時:2018-11-08 08:03 | ナタリー[映画]キャッシュ

押見修造のマンガ「惡の華」の実写映画化が決定。「覚悟はいいかそこの女子。」の井口昇が監督を務め、「さよならの朝に約束の花をかざろう」の岡田麿里が脚本を手がけることがわかった。...

Twitterのコメント(13)

これは楽しみ。佐伯さん役桜井日奈子とか中条あやみとかめっちゃありえそう笑
けどいい意味で気持ち悪い作品だから実写化でどこまで再現出来るんだろう??
きた!
アニメが駄目だったので超期待している。

「惡の華」が監督・井口昇×脚本・岡田麿里で実写映画化、押見修造が監督を逆指名
大好きな漫画のひとつだけど、実写かー。岡田磨里の脚本は高校生編だと合いそうだけど、中学生編はどうだろう。
#悪の華
井口昇監督が映画化?合ってる!
このコンビネーションは期待出来る。
大ニュースすぎる!どこまで描くのかな?夏祭りまでは行って抛しいなぁ。
原作とすごい相性が良さそうなスタッフだわ / “ - 映画ナタリー”
井口「初めて読んだ時、最初の数ページで『これは絶対に映画にしたい。そのために映画監督になったのではないか』と全身に電流を浴びたような衝撃と直感に満ち溢れました」/「惡の華」が監督・井口昇×脚本・岡田麿里で実写映画化、押見修造が監督を逆指名 -
来年かぁ。音楽どうなるのかな… ハナガサイタヨ…
この原作に脚本岡田さんはアリだと思う。これはアニメが傑作なので実写はどこまで迫れるか。-
井口監督の大ニュースきた!

「惡の華」が監督・井口昇×脚本・岡田麿里で実写映画化、押見修造が監督を逆指名 -
以上

記事本文: 「惡の華」が監督・井口昇×脚本・岡田麿里で実写映画化、押見修造が監督を逆指名(コメントあり) - 映画ナタリー

関連記事