TOP > エンタメ > 「この世界の片隅に」韓国・プチョン国際アニメーション映画祭でグランプリ獲得 - 映画ナタリー

「この世界の片隅に」韓国・プチョン国際アニメーション映画祭でグランプリ獲得 - 映画ナタリー

12コメント 登録日時:2017-10-25 13:47 | ナタリー[映画]キャッシュ

片渕須直が監督、のんが主演を務めた「この世界の片隅に」が第19回プチョン国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門でグランプリを獲得した。...

ツイッターのコメント(12)

韓国での原爆イメージがそんなにBTS批判側の想定みたいので誰もがどっぷりだったらこれは無かったのではと

- [17/10/25]
流石にこの映画に関しては、「自分たちがオリジナル」とは言えないな。
やはりいい映画だった…!✨
世界が平和になりますように!🍀
「右手」は「他者」への気づきと不可分だったと思う(たしか)。あの作品はやはり大変よく出来ている。
富川(プチョン)国際アニメーション映画祭でグランプリ獲得。
同映画祭は1999年に創設されたもので、2016年の長編コンペティション部門では新海誠の「君の名は。」が優秀賞と観客賞を受賞。
まだみてないのだが、、。
やはりまだ放映してるあそこに行くかな。

時間作れるかな。
ヒトの心を打つ作品は万国共通なんだなぁ、と感慨深い。
Google マイフィードから共有しました
映画のクオリティーはホントに高い国だから映画に関しては質を見抜く事が出来る(と、思う)
戦時中の日本を描いた映画が韓国の映画祭でグランプリ・・快挙。審査員全員一致というのだから凄い。去年に韓国で『この世界の片隅に』に関する批判の声が一部あったのを知り正直、心配だったけど・・。
正直韓国や連合国側ではあまり良い評価を受けないと思っていたのでこれは嬉しいなぁ:
以上

記事本文: 「この世界の片隅に」韓国・プチョン国際アニメーション映画祭でグランプリ獲得 - 映画ナタリー

いま話題の記事