TOP > エンタメ > 大川ぶくぶが建築専門誌の表紙を1年連続で担当、第1弾は本屋の作り方 - コミックナタリー

大川ぶくぶが建築専門誌の表紙を1年連続で担当、第1弾は本屋の作り方 - コミックナタリー

16コメント 登録日時:2019-12-19 17:10 | ナタリー[コミック]キャッシュ

「ポプテピピック」の大川ぶくぶが写真家・大口勝弘とのユニットで、建築専門誌・建築知識(エクスナレッジ)の表紙ビジュアルを2020年1月号から1年間担当することが決定した。...

ツイッターのコメント(16)

建築の雑誌の表紙がポプテピピックで驚きました📙
@PrincePOPI 確か一年間表紙で携わるとか
頭を硬いもので打ってしまったとしか
終盤にビル破壊してそう
真面目な本じゃんw
大川ぶくぶ要素抜きにしてもこういう業界紙おもろいし読みてえな
竹書房本社ビルを破壊しまくってるのに建築専門誌に描くとか、これもうわかんねえな…
最後は破壊シーン頼むw
みてる:
大川ぶくぶさんが建築専門誌の表紙を1年連続で担当、第1弾は本屋の作り方
ぶくぶ先生って建物壊す方が合ってね?←w
『世界一美しい本屋の作り方』ってめっちゃ気になる特集!チェックしてみましょφ(..)メモメモ
『建築知識』から目が離せない一年になりそう。
「絵柄の可愛さと親しみやすさ」、台詞喋らせなければ確かに……
創刊60年を超える老舗で中を開くとちゃんと専門誌だけど、最近でも「幻獣キャラクターで学ぶ建築基準法」とか「新建築」辺りが絶対にやらない特集を組んだりするのが「建築知識」
以上

記事本文: 大川ぶくぶが建築専門誌の表紙を1年連続で担当、第1弾は本屋の作り方 - コミックナタリー

いま話題の記事