TOP > エンタメ > 「はたらく細胞」赤ちゃんの体内が舞台のスピンオフがモーニングで、作画は福田泰宏 - コミックナタリー

「はたらく細胞」赤ちゃんの体内が舞台のスピンオフがモーニングで、作画は福田泰宏 - コミックナタリー

清水茜監修による福田泰宏の新連載「はたらく細胞BABY」が、本日10月17日発売のモーニング、Dモーニング46号(講談社)にてスタートした。...

ツイッターのコメント(13)

新生児きゃわわわ!
どんどんスピンオフ出るな
- コミックナタリー
面白そう👶
すごく読みたい😆😆
我が子の体内がどうなってるか気になる…!
はたらく細胞好きなんだけど赤ちゃん編始まったとは!読みたいー!
あかちゃん‼️
これよみたいな、妊娠40週から始めてくれるのも興味部会。お産のときの赤ちゃんの状態もしてくれるってことだと思うから
書籍化楽しみ!

- コミックナタリー
赤ちゃんの体内が舞台の「はたらく細胞」がスタート

くぅー!見たい!
これは着床する前からやらないとだめじゃない
笑っ
「はたらく細胞」「賭けグルイ」「転生スライム」とかそうだけど、当たったら他の作者にスピンオフ量産させるのどうかと思う。本人のだけ読んで、スピンオフはガン無視してるからいいけど。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR