TOP > 政治・経済 > 改革には「医療縮小」か「勤務医増」しかない:日経メディカル

改革には「医療縮小」か「勤務医増」しかない:日経メディカル

日本の病院の32%が、厚生労働省が進める「医師の働き方改革」では医師の労働環境は改善しないと回答。その理由で最も多かったのは「勤務医不足が解消されないから」だった。

ツイッターのコメント(18)

まともに人員配置する気がないなんちゃって救急病院は救急部門は閉鎖せざるを得なくなっていくと思うし、それ以外で経営維持する手が無いのであれば滅んでいくと思う。僕んとことか。
#日本 の #病院 の32%が、#厚生労働省 が進める「医師の #働き方改革」を実現するためには「医療の縮小(量の縮減)」か「勤務医の増員」しかなく、これが実行できない病院には「#再編・統廃合 の道しか残されていない」との見方(8/1-2 第69回 #日本病院学会)
(でもエライ学者さんはまだ「計画」できると言い張ってるね)日本の病院の32%が、厚生労働省が進める「医師の働き方改革」では医師の労働環境は改善しないと回答。その理由で最も多かったのは... / “改革には「医療縮小」か「勤務医増」しかない:日経メディカル”
働き方改革を実現するためには「提供する医療の『量の縮減』」か、あるいは「勤務医の『数の増員』」しかない。これが実行できない病院には「再編・統廃合の道しか残されていない」との見方。
労基署から宿日直許可を受けていない病院が26%、不明が21%

宿日直の業務内容については、32%が「勤務中に救急医療などの通常労働が頻繁に行われている」と回答

回答した病院の88%は、この状態を「不適切と認識」し、80%は許可の取消しになることも認識
日本の病院の32%が、厚生労働省が進める「医師の働き方改革」では医師の労働環境は改善しないと回答。

働き方改革を実現するためには「医療の縮小(量の縮減)」か「勤務医の増員」しかなく、これが実行できない病院には「再編・統廃合の道しか残されていない」との見方。
働き方改革には「病院のマネジメント能力の強化・充実が求められる」と強調。改革を実現するためには「提供する医療の『量の縮減』」か、あるいは「勤務医の『数の増員』」しかないとまとめた。
やはり自由診療の時代か、これからは
対象は日本病院会の会員の2478病院で、413病院から回答があった(回答率16.7%)。開設主体別では、国が27施設、地方自治体が116施設、公的が90施設、医療法人が125施設、その他が55施設だった。

これだけ回答者が偏ればねぇ🤔
保守が欠席して野党だけで回答したみたい🤧
医者は余ってるから養成定員を縮小するんだと、日医も医学部長病院長会議も主張してる訳だがね。
日本病院会の調査より。「労働基準局から是正勧告を受けたことがある病院は、調査対象の50%(回答399病院)」というのも、うなずける。
>日本の病院の32%が、厚生労働省が進める「医師の働き方改革」では医師の労働環境は改善しないと回答。その理由で最も多かったのは「勤務医不足が解消されないから」だった。

現実が見えてきてるぞ

改革には「医療縮小」か「勤務医増」しかない
そういうことです。病院経営者に覚悟が必要。
>「提供する医療の『量の縮減』」か、あるいは「勤務医の『数の増員』」しかないとまとめた。そして、これが実行できない病院には「再編・統廃合の道しか残されていない」との見方を示し、発表を締めくくった。
ホンマでっか?
63%も守れてる~?あやしい…

【「宿直は週1回、日直は月1回を限度」とする労働基準局長通達を遵守できている病院は63%だった。】
最初から結論はここにあったように思うのですが、それでもここを議論の出発点にしないとまた政策を間違えますもんね。ここからスタートだと思います。
改革には「医療縮小」か「勤務医増」しかない 日本の病院の32%が、厚生労働省が進める「医師の働き方改革」では医師の労働環境は改善しないと回答。その理由で最も多かったのは「勤務医不足が解消されないから」だった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR