TOP > 政治・経済 > ホリエモンが「儲けた社長の始める焼肉屋」を苦々しく思う理由 – MONEY PLUS

ホリエモンが「儲けた社長の始める焼肉屋」を苦々しく思う理由 – MONEY PLUS

19コメント 2020-01-17 00:34  MONEY PLUS

ホリエモンが「儲けた社長の始める焼肉屋」を苦々しく思う理由

ツイッターのコメント(19)

「日本は食の物価が安すぎる」
ほんまコレ。
歴史を重要視する堀江さん好き。
その通りだと思う。
安売りビジネスは限界を迎えている。

@takapon_jp
なるほど、
自分なりに牛の歴史やルーツをしっかり勉強したことは間違いではなかった。
日本で本格的に牛肉が食されてまだ200年経っていない。和牛の歴史を創るのはこれからだ。今の格付け制度だけでは証明できない和牛の深みをもっと知ってもらいたい。
@tatapon_jp
ちゃんと意味のある焼肉ビジネスの展開。
賛否両論あるようだが、かなり良心的な話をしている。

とても興味深いですね🤔
日本は食の物価が安すぎる、これはほんとにそう。消費者としては助かるんだけど。|
@takapon_jp
「安くて良いものを作るのが日本人は上手いかもしれないが、どこかで誰かが犠牲になっているのを忘れてはいけない」
適正価格でものを売るという当たり前😄
やはり成功するためには基本を1から勉強する事が大事なんだと言うことがわかるし、飲食もブランド戦略が大事という事がわかる記事


@takapon_jp
・日本は食に関する物価がニューヨークやロンドンの3分の1以下
・ホテルと同じように3倍ぐらいにならないと業界全体がサステイナブルにならない
・安くて良いものを作るのが日本人は上手いかもしれないが誰かが犠牲になっている
筋は通ってる。でも金持ち相手の金持ち目線なので、貧乏ネット民から叩かれるのが目に見えてる...堀江さんにとっては想定の範囲内だろうけど。>
スシ職人をバカにしたときと言い分が違うような、、目利きはそう簡単に身につかないじゃねーの
“浜田さんによると、高級なスポーツカーや家を所有していることが、かつての社長のステータスとされていたのが、現在は世界的に「レストランに投資している」「シェフの予約取れる」など食の分野に移ってきました”
数々の事業に挑戦して成功と失敗を繰り返してるのは見習うべきだなあ。
多くの人はリスクを恐れて失敗すら経験しない。
多くの有名な事業家は数々の失敗を経験し糧にし大量に行動するコトで成功してる。
良いものを高く売る、ほんこれ(*σ>∀<)σ!!
>「日本でお金の話をすると、やれ儲けていると、いやしい目で見られたりしますが、ものすごく重要。良いものを高く売るのは、いやしいことではない」(浜田さん)
この人、ここんとこ起こした事業、全部失敗してるよね。
その割に成功者ぶってて笑える。
やってることも新しいことじゃなくて、
全部誰かの真似だし。
いろいろ資金繰り苦しいんだろうな。
食の価格をあげるなら給料が増えないことには難しいと思うけど。
海外に比べて日本は収入が全く上がってないしなぁ。
何をするにも税金ばっかwww
・肉の知識がないから職人の言いなりになる
・WAGYUMAFIAは第三者的な視点でイチから勉強
・日本は食に関する物価がニューヨークやロンドンの3分の1以下

ホリエモン@takapon_jp が「儲けた社長の始める焼肉屋」を苦々しく思う理由 |
都会のコンクリートの下に大勢の人いて、必死で支えてるように見える /

安くて良いものを作るのが日本人は上手いかもしれないが、どこかで誰かが犠牲になっているのを忘れてはいけない

ホリエモンが「儲けた社長の始める焼肉屋」を苦々しく思う..
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR