TOP > その他のニュース > コロナ感染リスクは「ビタミンD」で減らせるかもしれない。元CDCチーフが語る - NAVER まとめ

コロナ感染リスクは「ビタミンD」で減らせるかもしれない。元CDCチーフが語る - NAVER まとめ

CDC(アメリカの疾病予防管理センター)の所長だったトム・フリーデン博士が米FOXニュースで語りました。...

ツイッターのコメント(16)

ホスト、など夜の街関連の感染者の方は、昼夜逆の生活になり易く、どうしても太陽光にあたる時間が減り、ビタミンDが欠乏しているのではないか。と感じてます。
まぁ、体力と免疫力保持のため外に出て運動して陽を浴びるように工夫するってことだなぁ>>
ビタミンDたっぷりの牛乳をどうぞ➰🐮🐮🐮
極私的にはカテキンガレードとVCとVD。加えてVEも。抗酸化物質をたっぷりとね。
そしてずっと何がなんでも引きこもりっぱなしではなく、日々の適度な日中の散歩はそもそも人体的にも大事ってことです。
ビタミンDは引き籠った生活を送る際に、骨や歯の虚弱化を防ぐ意味で必要なもので、コロナウイルスの治癒に対して有効かと題して「NO」とBBCが報じました。
要は免疫力を高めなさいって事!
現代人の生活だと不規則だから免疫力が低い人も結構いるよね。
頑張れビタミン
そのうち納豆がコロナ予防に良いというデマが流れたとして、デマでも納豆は食べた方が良いような気がする。
@kobatomo_1
米FOXニュースの記事でこう語ったのはトム・フリーデン博士
牛乳もその一つ、らしい・・・ただし手洗いはしっかりと、と書かれています&個人差がある、と。
日光を浴びるとビタミンDが増える。
人との接触を避けつつ、ウォーキングやジョギング。そして寄り道せず家に帰ることにします。
これが意味するのは葬儀に訪れる遺族にも濃厚接触した人がいる可能性が高いから、葬儀行うスタッフもフル装備する必要があること、危険手当も必要だということ。
こうならように、特に高齢者にうつさないように個々が心掛けること。
コロナ感染リスクは「ビタミンD」で減らせる可能性が。元CDC最高責任者が語る -
感染リスク「ビタミンD」で減るかもしれないー 元CDC(米疾病予防管理センター)責任者が語る -
以上
 

いま話題の記事

PR