TOP > その他のニュース > 人間はいくらでも残酷になれる 「アイヒマン実験」が示した恐るべき人間の性格 - NAVER まとめ

人間はいくらでも残酷になれる 「アイヒマン実験」が示した恐るべき人間の性格 - NAVER まとめ

34コメント 登録日時:2014-02-09 07:23 | NAVER まとめキャッシュ

映画『ハンナ・アーレント』に登場する、ナチスドイツの戦犯ルドルフ・アイヒマン。「ホロコースト」の指揮をとり大変な残虐行為をおこなった人物です。しかしそんな彼は、......

ツイッターのコメント(34)

デフレのこの時期に消費税を増税すれば国民生活はどうなるか。
ちょっと想像力を働かせればすぐにわかるはずだ。
だけど真面目で優秀な財務官僚にはその想像力が欠如している。
なぜか?
それが『真面目さ』の正体だから。
アイヒマンも極めて真面目な公務員だったという…
その思考する能力の欠如こそが未曽有のホロコーストを引き起こした!
#北村滋
@ahiruouji @Shin24496477 ちなみに、今まで日本の裁判所が子供や別居親にやらかしたことは、この実験と同じ。
アイヒマンとはどんな人物で何をしたのか。また、その人が異常な人ではなかったのか。実験の内容まで読んで欲しい。
@Hero_Dad0131 伝わる人間なら連れ去りはしないのでは。
それでも自覚と反省を促すのは大切です。
人は自分に決定権があるのだと思い込むと際限なく残酷化する生き物ですから。
思い出したぞ!
人間は一つの組織に所属している意識においてどこまでも冷徹になれる。有名なアイヒマン実験でございますね。
自分の頃は学校にアイヒマンみたいな人が何人もいたんですよ。
それを薄笑いをうかべてゆるやかに肯定する大人がいて、アイヒマン教師のマネをする生徒もいて、自分は気配を消して隠れるしか方法がなかった。
定番を貼っておく。
「アイヒマン実験」
共謀罪、テロ等準備罪、組織犯罪処罰法
恣意的な条文がなぜ悪いか気になるならこれを読んで下さい。
/ 2年前の記事だけど、ナチスの本当の恐ろしさってのは「普通の人間が組織に取り込まれて巨悪をなす」恐さで、これってブラック企業問題とも通じるのですな。
- NAVERまとめ  

「権威主義」、「集団主義」、勉める自他共にを強いる「勉強」を徹底して叩き込む日本の学校教育や企業。

日本は1億総アイヒマンか…。
@taisho__ @Yukiyo
怖いことです。私も何かが狂って、やってしまわないともかぎらない、と思っています。そうならないように!じぶん!
「アイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました。思考する能力です。…思考ができなくなると、平凡な人間が残虐行為に走るのです。」
教員採用試験に登場するミルグラムですけど、
「ミルグラム実験」についてはここにもある。
ハンナアーレントってハイデッガーと浮気してたの!?すげえ!!ってテンションで見た映画でやられちゃったんだよなぁ
ハンナアーレント、ながらでちゃんと観てなかったけどまた観たいなあ 今日はアイヒマンショーの試写会だし予習していきたい…
自分で考えようなってことかな
本当に、多くの日本人に読んでもらいたい記事です。今まで見てきた多くの人々はこうですよ。
アイヒマン実験(邦題:『服従の心理』)は全ての日本人にオススメの本。アーレントもそのうち読みたい。
親が言ったから
先生が言ったから
社長が言ったから
国が言ったから
義務だから???
…まず自分の頭で考えよう。
アイヒマン裁判後、ミルグラム実験(通称:アイヒマン実験)が行われる
「誰もがアイヒマンになり得る」ということを示す驚きの実験結果
心理学者の実験でも、権威に逆らえない人間の本性が浮き彫りになっている。人間はいつでもファシストによって操作し得る存在なのだ。
自分の頭で考えることを止めない!
この映画を辺野古の機動隊に見せたい<責任をとってくれる「権威」があれば
凡庸な人間がそうした悪になり得るということは、人間は誰でも思考を放棄すればアイヒマンのようなことをしでかすかもしれない、と。
自分で考えるって大事だわ…。
アイヒマン実験についての恐ろしい記事を見た。なんか…ピーター・グライムズを思い出した。たぶん、自分の心(悪いことをしたくないという気持ち)を守るための人間の仕組みなんだよね。考えさせられる。
どこかの会社のマニュアル至上主義でかつ顧客満足に直接触れられないヒトも似てる気がするな(-.-;)
これ、教育分野ではちょいちょい出てくる話ですが。あらためて読んで腹落ちしたのは、人は責任を取らなくても良くなると、善悪や美醜の判断までつかなくなる、ということ。ホロコーストとまで言わなくとも責任と判断力の関係性は多々思い当たる。
ミルグラム実権 恐ろしい。
アーレントは「公共」について優れた考察を残した哲学者。
ホロコーストに追い詰められ米国に亡命した。危機を救ったのは開発経済学で有名なハーシュマン
思考の放棄で人はどこまでも残虐になれる
[エンタ ]  「アイヒマン実験」が示した恐るべき人間の性格: rikaxoxoxさんが更新しました。
以上

記事本文: 人間はいくらでも残酷になれる 「アイヒマン実験」が示した恐るべき人間の性格 - NAVER まとめ

関連記事